ベラベッカとは?名前の由来や意味とシュトーレンとの違いは?【クリスマス2022】

新商品
スポンサーリンク

こんにちは、アヤトです!

クリスマスがだんだんと近づいてきました

が、2022年のクリスマス新トレンドとして

『ベラベッカ』というお菓子が流行して

いるのをご存知ですか?

 

形はシュトーレンとよく似ているのですが

違いは何なのでしょうか?ベラベッカと

いう響きも可愛いですが、どこの国の

お菓子なのか、名前の意味や由来なども

調べてみました。

今年のクリスマスはベラベッカがトレンド!


出典:https://00m.in/sz7Ag

例年、クリスマスシーズンになるとパン屋や

洋菓子店によく並ぶシュトーレン。

時期に合わせて買う方も多いのではない

でしょうか。

 

しかし、今年はちょっと違ったお菓子が

流行しているようなんです。その名も

『ベラベッカ』。キラキラした響きの

お菓子ですね。

 

画像は東京にあるパティスリービガロー

さんのベラベッカですが、チェリーや緑の

お花型のアンゼリカ、ナッツがふんだんに

乗っていて可愛いです。

 

シュトーレンは外側に粉糖がかけられ、

全体的に白いですが、中にはフルーツや

ナッツが入っていますが、材料的には

あまり変わりがないように思えますね。

ベラベッカとは?名前の由来や意味は?

ベラベッカとは地方の言葉で『ポワール』

とも呼ばれ、”洋梨のパン”という意味が

あるそうです。ドライフルーツやナッツ

がたくさん詰まったお菓子です。

 

調べてみると、フランスのアルザス地方で

食べられているのだそう。ちなみに

シュトーレンはドイツ語。

 

『ベラベッカ』は名前の由来である洋梨や

オレンジ、アプリコットなどの、様々な

ドライフルーツをキルシュワッサーという

洋酒に漬け込み、イースト生地でまとめて

焼き上げます。

 

ご家庭やお店によってはナッツを入れたり

クランベリーやイチゴなどのベリー系に

仕上げたり、シナモンやカルダモンと

いったスパイスを使ったりとそれぞれに

個性があります。

 

日本の味噌汁的な…と思ったのですが、

主にクリスマスシーズンに食べられると

いうことで、そんなに頻繁な感じではない

ようです。

シュトーレンとの違いは?

見た目や材料的にはあまり大きな違いは

なさそうですが、どんなところがポイント

なのでしょうか。

 

先ほどご紹介したように、国の違いが

あります。ベラベッカはフランスで、

シュトーレンはドイツ。

 

ちなみに、ベラベッカ発祥のアルザス地方

はドイツとフランスに統治されてきた歴史

があるため、お菓子がかなり似ているの

だそう。

 

また、甘味料を使うかどうかの違いもある

ようです。シュトーレンは甜菜糖などを

使う場合がありますが、ベラベッカは

砂糖などを使わず、ドライフルーツの甘さ

を楽しみます。

 

由来が『パン』だからあまり甘くしないの

でしょうか。

価格帯は?

大体の方はお店で買うという方が多いの

ではないでしょうか。そうなると価格帯も

気になりますね。

 

大手通販サイトで調べてみたところ、

シュトーレンは大体1,900円から高級な

ものだと12,000円ほど。

平均は2〜3,000円が多いイメージです。

 

一方、ベラベッカはどうなのか調べて

みると、3,000円〜17,000円ほど。

平均はシュトーレンと同じく3,000円程度

でした。

 

しかし、ベラベッカは流行のはじめだから

なのか、某大手通販サイトではまだまだ

シュトーレンの方が圧倒的に品数は多い

です。

 

ベラベッカは外側にナッツやスパイスが

飾られ、個性的で映えるものが多いので、

気になった方は是非チェックしてみて

くださいね!

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回はクリスマスシーズン

の新トレンド『ベラベッカ』について

調べてみました。

 

  • 2022年のクリスマスシーズンは
    ベラベッカがトレンド!
  • 名前の意味は『洋梨のパン』で洋梨
    やオレンジ、アプリコットなどの
    ドライフルーツを使うのが由来
  • シュトーレンとの違いは国と砂糖を
    使うかどうか。シュトーレンはドイツ
    でベラベッカはフランス。
    ベラベッカは砂糖を使わない
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新商品
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました