富士そば名嘉山の職業や経歴は?同人誌やグッズがやばい【イキスギさん】

バラエティー

こんにちは、アヤトです!

5月31日に放送される『DEEPな店の常連

さんに密着 イキスギさんについてった』

で1日5軒は富士そば店をめぐる名嘉山

直哉さんが登場します!

1日5軒って、確かにイキスギですよね。

朝昼晩の3食と10時のおやつと3時の

おやつ代わりの2食なんでしょうか?

そんなに自由に富士そばめぐりができるの

ってかなりフリーダムに感じるんですが、

ご職業はなにをされている方なのでしょう

か?経歴も気になります。

また、イキスギが高じてそばの同人誌や

グッズを発売しているそうなので、

同人グッズについても調べてみました。

富士そばにイキスギ名嘉山直哉のプロフィール!


出典:https://00m.in/Ozobp

名前 名嘉山直哉
読み方 なかやま なおや
出身 沖縄
生年 1983年

”名嘉山”と書いて『なかやま』さん。

あまり見慣れない漢字ですが、沖縄県の

ご出身と聞いて納得です。

沖縄県には特有の苗字が多いですものね。

特にうるま市、那覇市に多く分布している

苗字なんだそう。

名嘉山直哉さんが1日5軒は当たり前に

行くという『富士そば』というのは

東京都内を中心に店舗を展開している

立ち食いそば屋『名代 富士そば

(なだい ふじそば)』のことです。

店舗数は130店舗もあり、特に都内の

23区内だけでも98店舗とかなりの数を

出店しています。

驚くことに、今回番組に登場する名嘉山

直哉さんは2015年と2021年に全店舗

制覇されているんだそう。

富士そばに対する凄まじい熱意を

感じますね。

名嘉山直哉の職業や経歴は?

出典:https://00m.in/pOFCt

富士そばを食べまくる名嘉山直哉さん

ですが、普通の会社員などであれば

休み時間も限られていますし、5軒なんて

とても周れそうにありません。

一体どんな職業なのか気になって調べて

みると、なんと名嘉山直哉さんは

『富士そばライター』というフリーランス

のライターさんでした。

なんてコアなお仕事!!!

雑誌やWEB媒体でのライターもされて

いますが、いずれマツコの知らない世界で

『富士そばの世界』とかも見てみたい

気がします。

名嘉山直哉の経歴は

沖縄出身の名嘉山さんが東京を中心に

展開している『名代 富士そば』沼に

ハマったのは、どんなきっかけだったの

でしょうか?経歴を調べてみました。

名嘉山さんは2005年に大学をご卒業され

上京してIT関係の会社に入社しましたが

なんと4年目に会社が倒産。

2009年に編集プロダクションに入社され

書籍の編集者・ライターとして3年ほど勤め

2013年よりフリーランスとして独立。

ここでライターとしての『得意分野』を

作るべく”富士そば”研究を始めたそう。

なぜ富士そばかといえば、”マニアック”さ

があったからだといいます。

ラーメンやファッション系の情報は多くの

人が求めますが、書く側としては既に

知識が豊富にあるライバルばかり。

名嘉山直哉さんは作家の東海林さだおさん

が好きで、西萩窪の富士そばが取り上げ

られたエッセイを読んで「面白い!」と

思ったそう。

それを読んで名嘉山さんは「富士そばは

掘り下げて情報発信するだけの

ポテンシャルがある!」と判断され、

2016年から”富士そばライター”として

活躍されています。

ちなみに、そのエッセイというのは

文春文庫から出版されている『偉いぞ!

立ち食いそば』という書籍。

西萩窪にある富士そば全店を制覇すると

いうお話なので、名嘉山さんの全店制覇も

ここから始まったのではないでしょうか。

 

フリーランスとして活動を続ける現在は

富士そば以外に書籍や雑誌、WEB媒体、

広告など幅広いジャンルでライティングと

編集を手がけられています。

名嘉山が販売する同人誌やグッズがやばい

東海林さだおさんのエッセイからインスピ

レーションを得て始まった”富士そば”研究

ですが、今では完全に富士そば沼に

ハマった名嘉山直哉さん。

ご自身が運営するブログ『富士そば原理

主義』で珍そばや奇そばの紹介だけでなく

非公式グッズとしてそばの同人誌や

キーホルダーの作成・頒布を行なって

います。

 

…そばの同人誌ってなに???

いろんな想像が頭の中で飛び交った筆者

ですが、調べてみるとこんな本でした。


出典:https://00m.in/Lo6XG

中を開いてみると、各店舗ごとに違う

特色をグラフや解説でまとめた本です。


出典:https://00m.in/FwYZj

富士そばの歴史や珍そば・奇そばの遍歴

マニア対談など。

コンビニの雑誌コーナーの前の方に

あったらつい手に取ってしまいそうな

情報量です。

こちらのそば同人誌『ソバマニア』は

BOOTHという通販サイトで購入すること

ができます。本体価格は700円。

さらには『紅生姜天そば』のアクリル

キーホルダーも非公式で制作されて

います。

出典:https://00m.in/UPE82

調べてみると『富士そば』のガチャガチャ

というアイテムもあるそうですが、

こちらは名嘉山直哉さんの非公式富士そば

キーホルダー(400円)。

アクリル製なので立体感はありませんが、

こうしてみると、紅生姜天ぷらがかなりの

アクセントに感じます。

こんなに紅生姜を使ったものは食べたこと

がないんですが、辛すぎたりしないんで

しょうか?

名嘉山直哉さんの富士そばグッズは

この2点なんですが、アクキーに紅生姜

天そばを選ぶということは、おそらく

イチオシ商品なんでしょうね。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回は『イキスギさんに

ついてった』で1日5軒の富士そばめぐりを

する名嘉山直哉さんについて

調べてみました。

  • 富士そばのイキスギさんは名嘉山
    直哉さん
  • 1日5軒は当たり前に巡る
  • 『富士そば』というのは東京都内を
    中心に店舗展開する『名代富士そば』
    店舗数は130店
  • 名嘉山直哉さんは2015年、2021年に
    全店舗制覇している
  • 職業はフリーランスのライターで
    2014年から富士そばライターをして
    いる
  • 雑誌やWEB媒体、広告などの編集や
    ライティング業をされている
  • そばの同人誌『ソバマニア』や
    紅生姜天そばのアクリルキーホルダー
    を非公式で頒布している
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バラエティー
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました