Get Readyの原作やあらすじとキャストは?【日曜劇場】

2023年1月期

こんにちは、アヤトです!

2023年1月からの日曜劇場『Get Ready』

の情報が公開され、注目している方も多い

のではないでしょうか?

 

多額の報酬と引き換えに命を救う闇医者

チームのストーリーなので、かなり面白い

気配がしますね。

 

原作やあらすじ、キャストも気になります

ので調べてみました!

日曜劇場『Get Ready!』


出典:https://00m.in/pOBLS

2023年1月から新ドラマ『Get Ready!』

が放送予定です。

 

主演の妻夫木聡さん、その相棒役として

藤原竜也さんが20年ぶりに共演すること

でも注目度の高い作品ですね。

 

『Get Ready!』は高い報酬と引き換えに

手段を選ばずに患者の命を救うという

ハードなストーリーです。

 

11月17日時点では番組予告ムービーは

ありませんが、妻夫木聡さんと藤原竜也

さんのスペシャルインタビュー動画が

公開されています。

Get Readyのあらすじ

日曜劇場『Get Ready!』は多額の報酬と

引き換えに、手段を問わず患者の命を救う

闇医者チームを描いた”生きる意味を問う”

異色のヒューマンドラマ。

 

チームを率いる孤高の天才執刀医・

エースが患者をオペする一つの基準

お前に生き延びる価値はあるのか?

 

この闇医者チームは現在の医療界では

不可能な治療も可能にしてしまう超人的な

オペを行い、患者に人生にもメスを入れて

いく医療ヒューマンエンタテインメント

です。

キャストは?

新日曜劇場『Get Ready!』のキャストは

現在4人公表されています。

波佐間永介(エース):妻夫木聡


出典:https://00m.in/RT3nM

主演・妻夫木聡さんが演じる波佐間永介

(はざま えいすけ)は昼はパティスリー

”カーサブランシェ”の人気パティシエ。

 

しかしそのパティスリーの地下には最新

機器を取り揃えたオペ室があり、裏では

法外な報酬と引き換えに超人的な技術で

どんな手術も請け負う闇の最強医療チーム

を率いる絶対的な存在・エースです。

 

闇の医療チームのオペはエースの

「Get Ready(準備はいいか?)」という

言葉で始まります。

 

この闇医療チームの目的はなんなのか?

どうしてこの組織ができたのか?

エースの謎は深まりますね。

*コメント*

ついに撮影がスタートしました。
日曜劇場ではなかなか見られないようなにおいを発したドラマになっていると思います。一から何かを作り上げていこうというスタッフさんの気概を感じましたし、堤監督はじめスタッフキャスト一同、新しいものを作り上げようと現場で頑張っております。

生きる意味とは何だろう? と、波佐間が問うように、僕自身も役とともにその意味を問いただしながらこの役を作り上げていきたいと思っています。ぜひ楽しみにしていてください。
出典:Get Ready!

 

依田沙姫(クイーン):松下奈緒


出典:https://00m.in/SdlhK

松下奈緒さん演じる依田沙姫(よださき)

は凄腕オペナース・クイーンとして

登場します。

 

自分の言いたいことをストレートに伝える

女性ですが、過去は謎に包まれています。

 

エースやジョーカーとは友好的な関係です

が、多くは分からないミステリアスな人物

なので、これから明らかになる関係性など

も楽しみです。

 

*コメント*

日曜劇場は久しぶりの出演となりますが、台本を読んで、このストーリーをどうやって体現していくのかな? と思いました。これまで見たことのない内容になりそうなので期待に胸が膨らんでいます。
エースを支え、サポートしながらオペをする完璧なオペナースを演じるのですが、オペ室のセットが素晴らしくて、味方をしてくれます。オペシーンでは思いもよらないことが起きてしまうこともあるのですが、出来る限り本物のオペナースに近づけるよう、頑張りたいと思っています。
また、堤組は今回初めて参加させていただくので、本当に楽しみです。堤監督は冷静だけどすごく温かみを感じる監督で、いろいろとさりげなく助けてくださるので、とても心強いです。
今回のドラマは、カッコよくもありスタイリッシュなドラマだと感じたので、それに合わせて髪もこれまでで一番短くカットし気合を入れました。クイーンは謎が多く、まだ語られていないのですが、カッコよくて自由な女性を演じたいと思います。 日曜の夜はぜひ『Get Ready!』をご覧いただけるとうれしいです。よろしくお願いします!
出典:Get Ready!

白瀬剛人(スペード):日向亘


出典:https://00m.in/1qnzP

日向亘さんが演じる白瀬剛人(しらせ

ごうひと)は闇医者チームに加担する

若き万能ハッカー・スペードです。

 

闇医者チームを狙う監視カメラや

Nシステムをダウンさせたり、ドローンや

AR技術を駆使して危険な交渉を手助け

します。

*コメント*
デビュー当時からお世話になっている妻夫木さん、藤原さんのお二人に加え、初めてご一緒させていただく松下さんとの4人での撮影が多く、日々勉強させてもらっています。
先輩方からいろいろ吸収しながら自分なりの白瀬を作っていきたいと思いますし、堤(幸彦)監督のもとで芝居させてもらえるのがとてもうれしく、監督に演出していただいている貴重な時間を丁寧に大切に過ごしていきたいと思っています。
性格も年齢もキャリアも違う4人がひとつのチームとなって、各話のゲストのバックボーンとその先を医療を通して描く作品となっています。
皆さま、ぜひ楽しみにしていただけたらなと思っています。よろしくお願いします!出典:Get Ready!

下山田嬢(ジョーカー):藤原竜也


出典:https://00m.in/c0Zn3

藤原竜也さんが演じるのはエースの相棒

下山田嬢(しもやまだじょう)。

 

表の顔は優秀な国際弁護士ですが、エース

との出会いをきっかけに、オペを行う患者

と交渉する役割を担います。

闇医者チームが斬新でストーリー展開も新しく、やりがいのある作品だと感じています。
毎回楽しみに脚本を読んでいるのですが、全貌がまだわからないので、妻夫木くんとも話しながら読み進めているところですね。
妻夫木くん演じるエースと支え合い、時に反発しながら物語が進んでいくんですけれども、エースとジョーカーには過去に何があって、どのようにチームを組んだのか?
そしてこの先どのような行動を共にしていくのか・・・? 非常に興味深いところです。
ジョーカーという役柄同様、妻夫木くんをみんなで支えていけたらいいなと思っています。
豪華なセットで豪華な俳優陣で一生懸命、撮影しております。楽しみにしていてください!
出典:Get Ready!

Get Readyの原作は漫画?

日曜劇場『Get Ready』は多額の報酬や

闇医者など、ドキッとするような設定が

ありますね。

 

ゲーム性や多額の報酬があるという部分を

見ると、『トモダチゲーム』や『ライアー

ゲーム』など漫画作品を思い浮かべますが

『Get Ready!』はどうなのか調べて

みました。

 

するとこのドラマは1話完結型の完全

オリジナル作品だということがわかり

ました。

 

脚本は

  • 飯野陽子さん
  • 山田能龍さん
  • 川邊優子さん

など複数名が担当されています。

1話完結なので、毎回のゲストや

ストーリーが気になりますね。

メインの脚本担当としてお名前が出ている

3名の方の代表作をそれぞれ紹介します。

飯野陽子さんの代表作

  • いま、会いにゆきます(2005年)
  • 三丁目の夕日(2008年)
  • ジャッジⅡ島の裁判官奮闘記(2008年)
山田能龍さんの代表作

  • 八月は夜のバッティングセンターで。(2021年)
  • サ道2021(2021年)
  • 就活タイムカプセル(2022年)
  • 真相は耳の中(2022年)
川邊優子さんの代表作

  • AKBホラーナイト アドレナリンの夜
    第3話『預かり物』(2015年)
  • AKBラブナイト 恋工場
    第5話『焼肉デート』(2016年)
  • ゼロ 一攫千金ゲーム(2018年)
  • ハケンの品格第2シリーズ
    第2話・第4話・第6話(2020年)
  • 金田一少年の事件簿(2022年)

公式にお名前が上がっていた脚本家の方

はこの3名ですが、人気ドラマを手掛け

られていたことがわかります。

 

特に川邊優子さんが手掛けられた作品に

『ゼロ 一攫千金ゲーム』というヒリヒリ

感の似たドラマもあります。

 

『Get Ready!』のストーリー展開が

楽しみですね。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回は2023年1月期の

日曜劇場『Get Ready!』について

調べてみました。

  • 2023年1月期の日曜劇場は
    『Get Ready!』
  • 原作はなく、1話完結のオリジナル作品
  • あらすじ
  • キャストは主演が妻夫木聡さん、
    闇医者チームに松下奈緒さん
    日向亘さん、藤原竜也さん

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2023年1月期
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました