コムタンとは?どんな味で何語なの?意味は?【カップヌードル牛骨】

新商品

こんにちは、アヤトです!

カップヌードルから新商品『牛骨コムタン』

ビッグが発売されましたね!

旨味とコクの牛テールスープ風ということ

で、文字からしてすでに美味しいことが

わかりますが、そもそも『コムタン』とは

一体…?どんな味なんでしょうか。

何語から来ているのか、その意味も

気になりますね。

さっそく見ていきましょう。

カップヌードル牛骨コムタンビッグ


出典:https://00m.in/OEvYT

6月6日に日清カップヌードルから新商品

『牛骨コムタン ビッグ』が発売され

ました。

牛の旨味を凝縮した白湯スープとほんのり

ガーリックと胡椒が効いたラーメンです。

具材は牛謎肉、スクランブルエッグ、ネギ

ごま、にんじん、にら等。

夏になってきたとはいえ、まだまだ寒い日

が続きますので、何だか体が温まりそうな

感じですね。

コムタンとは?何語で意味は?

『コムタン』とは何なのか調べてみると、

韓国語で『長い時間をかけて煮出す』

いう意味のスープ料理のことでした。

朝鮮文化では代表的な料理の一つで、

牛の肉や内臓などを煮込んで作ります。

漢字は『長い時間をかけて煮出す』という

意味の「膏飲(コウム)」が変化し

「コム」、「タン」はスープを意味する

「湯」で表します。

 

コムタンと同じような料理に『ソルロン

タン』という料理があるようですが、

骨を入れるかどうかに違いがあるそう。

こちらがコムタン。


出典:https://00m.in/y1HIY

コムタンには骨を入れず、内臓系の肉と

牛のスネ、膝、胸部、を入れて煮込み

透明なスープになります。

 

一方、ソルロンタンは骨を入れて骨髄まで

煮出すので、白濁したスープになるそう。


出典:https://00m.in/DlQvV

こちらがソルロンタン。比べてみると

こちらの方はスープの中の麺が見えない

ほど色が濃いですね。

 

また、コムタンのバリエーションに

カップヌードルの新商品でも使われている

牛テールを煮込んだスープもあり、こちら

コリコムタンと呼ばれているそう。

 

ちなみに白湯(パイタン)は鶏ガラや豚骨

などを煮込んだスープで、白濁してとろみ

があるのが特徴です。

 

こうしてみると、カップヌードルは

韓国料理の美味しいとこどりをした、

スープまで楽しめる新しい商品であると

いうことがわかりますね。

 

最近はよくテレビでも新大久保などの

本格中華の紹介やコロナの制限が緩まり、

韓国へ旅行に行く方などが増えています

ので、カップヌードルが『牛骨コムタン』

をこの時期に出したのはそういった

アジアンブームに乗っかったというわけ

なのでしょうか。

そう考えると、期待が高まりますね。

コムタンはどんな味?

今回のカップヌードル『牛骨コムタン』は

牛テールスープ風という味付けが書かれて

いますが、『コムタン』自体の味は

一体どんな味なのでしょうか?

牛のスネや胸部を煮込んだスープという

ことなので、大体の味は予想がつくかと

思いますが、あっさりとして口当たりが

良く、クセが少ないスープです。

優しい味わいなので、お酒などで胃もたれ

した後や朝食に好んで食べられるそう。

コムタンって、中にラーメンが入っている

のももちろん美味しそうですが、

ご飯を入れても合いそうです。

カップヌードル牛骨コムタンが発売!

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回は日清カップヌードル

から新発売された『牛骨コムタン』の

コムタンって何?について調べました。

  • カップヌードル『牛骨コムタンビッグ』
    が6月6日に新発売した
  • コムタンとは『長い時間をかけて
    煮出す』という韓国語
  • 朝鮮文化の代表的なスープ料理
  • 骨まで煮込むのはコムタンと似た
    『ソルロンタン』という少し違う
    料理
  • 牛テールを煮込むスープは
    コリコムタンと呼ばれる
  • あっさりとした口当たりの良い味で
    お酒で胃もたれした際や朝食に
    ピッタリ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新商品
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました