いけもとしょうのメタバース美術館の入り方と展示品は?【マツコ会議】

バラエティー

こんにちは、アヤトです!

1月22日の『マツコ会議』では今注目

されつつある「メタバース」が取り上げ

られるようですね!

世の中にはメタバースをすでに活用されて

いる方もいらっしゃり、その中でもマツコ

会議に出演されるいけもとしょうさん

メタバースで土地を買い、美術館を開いて

いるそうなんです。

メタバースもまだまだ多くのことは

知らないという方も多いとは思いますが、

メタバースで美術館って、一体どんな感じ

なんでしょうか?

今回はいけもとしょうさんの美術館の

入り方、入場料や必要なものなどから

どんなものを展示しているのか?について

調べてみました。

そもそも「メタバース」とは一体何なのか?


出典:https://00m.in/Ie7RR

最近注目を集めつつある、しかしまだまだ

わからないことが多い『メタバース』。

近未来っぽいけどなんだか難しそうな

感じもしますが、『メタバース』は簡単に

いうと、仮想空間の呼び方の一つです。

元々は小説に登場した呼び方で、アメリカ

のSF作家、ニール・スティーブンソンさん

の作品「スノウ・クラッシュ」の作中で

インターネットの仮想空間のことを

『メタバース』と呼んでいたようです。

メタバースの語源

  • 「超える」という意味の「メタ」
  • 「宇宙」を意味する「ユニバース」

「宇宙を越えるもの」=メタバース

 

「HMD(ヘッドマウントディスプレイ)」

という頭から目元につけるコントローラー

のようなものを使ってプレイ画面を

見て、動かしていくんですね。

今は装置が大きいですが、携帯電話が

だんだん小さくなっていったように、

この「メタバース」に入るのに必要な機器

も、もしかしたら数年後には指輪サイズに

なっている可能性もありますよね。

「ロックマン」や「攻殻機動隊」なんかを

知っている方であれば、「インターネット

のなかに自分が入っていく」という

イメージはよりしやすいかもしれない

ですね。

いけもとしょうさんが運営するメタバース美術館

「マツコ会議」に出演されるいけもと

しょうさんはそんな『メタバース』を

使いこなすクリエイターのお一人で、

なんとメタバースの土地を購入し、美術館

を持っているんだそう。

仮想空間上の美術館って、どうやって

入るのでしょうか?また、美術館という

からには入場料も必要なのでしょうか?


いけもとしょうさんが美術館を持っている

のは「The Sandbox」というブロックチェーン

上のメタバースなんだそう。

パソコンと上記で紹介したような

へッドマウントディスプレイをつないで

入場します。


出典:https://oncyber.io/cryptospooks

こちらがいけもとしょうさんの美術館の

入場画面。

機器がないとこれ以上先には進めませんが

この画面下にあるいけもとしょうさんの

サムネイルからホーム画面を見てみると、

50以上の作品があります。

これらの作品が置いてある美術館は

「チケッチ」という入場の引換券が必要

でした。



出典:OpenSea

紫ダイヤの隣の数値、「0.009」が価格

なんですが、これは仮想通貨の価格。

入場料を支払うには仮想通貨も必要

なんですね。会員権付きだと、

「0.03」=85.55ドルとあります。


出典:OpenSea

0.03=85.55ドルなら0.009は…

0.003=8.555ドルを3倍すると

0.009=25.665ドル

25.99ドル≒約2,960.22円

日本の美術館は常設展であれば大体

1,000円前後、特別展の鑑賞料は

1,500円程度が相場のようです。

高めの観覧料を設定している美術館を

調べてみると、アメリカ・ニューヨーク

州のメトロポリタン美術館が大人25ドル。

日本円で約2,846.19円

そこから考えると、いけもとしょうさんの

「美術館」はお高めではありますが、

最新の仮想空間内で展開しているという

設定の手間暇や、美術館のための仮想空間

の土地を購入されたという設備投資を

考えると、メタバース内での美術館は

このくらいが相場なのかもしれませんね。

メタバース美術館、展示品はどんなものが置いてある?


出典:Twitter

調べてみると、意外にもいけもとしょう

さんだけでなく、メタバース内での美術館

を持っているという方はいるようです。

展示されているものはもちろん、それぞれ

違いますが、いけもとしょうさんの

美術館にはご自分で書かれたボールペン画

を展示されているようです。

どんな絵なのか調べてみると、いけもと

唱さんはツイッターにそのいくつかを

公開されていらっしゃいました。

 

いけもとしょうさんのイラストは娘さんの

ためにボールペンでおばけの絵本を書いた

ものが中心で、その評価はスイスの絵本

作家からDMが送られてくるほど。

かわいいおばけのイラストはInstagram

でも一部公開されています。


どの作品も見ているうちにだんだんと

惹き込まれていくイラストばかりですね。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回はマツコ会議で紹介

される、いけもとしょうさんのメタバース

内での美術館について調べてみました。

  • いけもとしょうさんのメタバース内
    美術館「NFT美術館」はONCYBERと
    いうサイトから入場できる
  • 必要なものはパソコンとメタバースに
    入るためのヘッドマウントディスプレイ
    入場料を支払う仮想通貨
  • 入場料は約2,960.22円
  • 展示品はいけもとしょうさんの
    ボールペンイラスト。50種類以上ある
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バラエティー
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました