マッツミケルセンとは誰?代役グリンデルバルドの出演作や経歴とプロフィール!

気になるウワサ噺

こんにちは、アヤトです!

金曜ロードショーでファンタスティック・ビーストのシーズン2「黒い魔法使いの誕生」が

放送されました。シーズン3も現在撮影中ということで、公開が楽しみですね!

残念なことに、メインの悪役であるゲラート・グリンデルバルトを演じていた

ジョニー・デップさんの降板が決まり、代役は誰だ?!と話題になっていましたが、

現在「マッツ・ミケルセン」という方に代役の打診があるのだとか!

今回はマッツ・ミケルセンとは誰?というところから経歴やプロフィール、

映画の出演作についても見ていきたいと思います!

マッツ・ミケルセンのプロフィール

出典:https://00m.in/FqYYI

名前 マッツ・ディットルマン・ミケルセン
表記 Mads Dittman Mikkelsen
出身 デンマーク・コペンハーゲン
生年月日 1965年11月22日
配偶者 Hanne Jacobsen
異名 北欧の至宝

マッツさんはデンマーク出身の俳優で、「北欧の至宝」の異名をとるほどの実力者です。

お父様は銀行員、お母様は看護師をしており、お兄さんも俳優で

ラース・ミケルセンさんという方です。

 

なんとマッツさん、母国語であるデンマーク語の他に英語、ドイツ語、

スウェーデン語と4カ国語が堪能で、2年連続でアカデミー外国語映画賞に

ノミネートされています。

驚くべきことはそれだけでなく、2004年にハリウッドに進出し、高い評価を得たこと

からも、2010年にはデンマーク女王よりダネブロー騎士勲章を授与され、

2016年にはフランスから芸術文化勲章のシュヴァリエ(騎士)を授与されています。

2つの国からの勲章を授与されているということは、本当に貴重な人物であるという

ことがわかりますね。

経歴

マッツさんは俳優になる以前には体操選手やプロのダンサーとして活躍していました。

どういうきっかけで俳優を目指そうと思ったか、という経緯は不明なんですが、

デンマークで2番目に大きな都市・オーフスの国立演劇学校で演技を学んでいます。

 

学校を卒業した後は短編映画に複数出演し、1996年に「プッシャー」という

劇場映画でデビューします。

日本ではあまり知名度の程は伝わって来づらいですが、実は本国・デンマークの

映画作品には多く出演されており、デンマークで人気の刑事ドラマ

「Rejseholdet」や「レッド・ドラゴン」という小説を原作としたアメリカのドラマ

「ハンニバル」に出演していることでも有名です。

2004年には「キング・アーサー」という作品でハリウッドに進出し、

第65回カンヌ国際映画祭で男優賞やアカデミー外国語映画賞を受賞しています。

2016年には第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で審査員に

選ばれるなど、活躍を続けています。

出演作

マッツさんの出演映画はデビューした1996年からの25年間で約40作以上もあります。

ここでは、マッツさんの代表作をいくつかご紹介したいと思います。

  • ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー(2016)
  • ドクター・ストレンジ(2016)
  • 偽りなき者(2012)

こちらはマッツさんの主演作で2012年に公開された映画「偽りなき者」の

ワンシーンです。話自体は全く違うのですが、ここだけ切り取ると、

なんとなく背景もファンタスティック・ビーストの雰囲気を感じます。

出典:https://00m.in/IKEyo

  • 007 カジノ・ロワイヤル(2006)

この「007」シリーズのカジノ・ロワイヤルではル・シッフルという

悪役を演じており、マッツさんの知名度を一気にあげた作品です。

グリンデルバルトとはまた違った悪役なのですが、マッツさんの悪役を見てみたい!

という方にはおすすめの一作です。

まとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

今回はファンタスティック・ビーストのシーズン3からのゲラート・グリンデルバルトの

代役交渉をされているマッツ・ミケルセンさんについて調べてみました。

  • マッツ・ミケルセンさんはデンマーク出身で、デンマーク王室とフランスから
    勲章を授与されている超実力派俳優
  • 俳優になる前は体操やプロのダンサーをしていた
  • 25年間で40作以上の映画に出演している
  • 代表作は「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」や
    「ドクター・ストレンジ」

グリンデルバルト役への交渉は今は初期段階ということですが、

ファンタスティック・ビーストの監督であるデビッド・イェーツ氏は

マッツ・ミケルセンさんの長年のファンであるそうなんです。

制作会社のワーナーがグリンデルバルトの後任探しに奔走しているということで、

他にも候補に上がっている方がいるのかもしれませんが、マッツさんへの交渉は

かなり力が入っているのではないでしょうか。

 

「グリンデルバルトはジョニー・デップさんじゃなきゃ!!」と感じている方にも

この超大物俳優、マッツ・ミケルセンさんに代役が決まれば、演じる人が違うながらも

楽しめる作品になるのではないかなと思います。

「代役」と言わせないほどの演技力で、マッツさんに演じて欲しいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるウワサ噺
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました