松本病院(コロナ受け入れ)の法人が経営破綻で入院患者はどうなる?

こんにちは、アヤトです!

非常に衝撃的なニュースが入ってきました。

大阪で新型コロナウイルスの中等症患者の

受け入れを行っていた「松本病院」を運営

していた医療法人が大阪地方裁判所に

民事再生法の適用を申請され、経営破綻

となったようなんです。

新型コロナウイルスの感染は拡大する

一方なので、この病院に入院している

患者さんたちはこれからどうなるんで

しょうか?新しい受け入れ先をこれから

探すことになるのか、状況が気になるので

調べてみました。

コロナに酸素缶は有効か(効果ある)?
意味ない?使い方やおすすめはある?

モデルナワクチンの異物混入は何の成分?
ロット番号や接種再開はいつ?

コロナワクチン3回目の効果や副反応は?
日本ではいつ接種開始する?

コロナ受け入れの松本病院運営法人が経営破綻

8月27日の夜、新型コロナウイルスの

軽症・中等症患者の受け入れを行っている

大阪・福島区にある「松本病院」を運営

している医療法人・友愛会が大阪地方

裁判所に民事再生法の適用を申請したこと

が報じられました。

 

松本病院は内科や外科などを持っており

地域では中核病院であるそうで、

元々病棟を新設するためなどで先行投資を

していたそうで、負債を抱えながらの運営

ではあったようで、現在の負債総額は

約52億円となる見通しです。

松本病院の入院患者はどうなる?

病院の運営法人が経営破綻したと聞いて

非常に気になるのが今まさに松本病院に

入院し、新型コロナウイルスであったり

他の病気と戦っている患者の方のこと。

 

新型コロナウイルスの感染が拡大したこと

により自宅療養を余儀なくされる方が

非常に増え、受け入れ病床がないからと

搬送されないケースも増えてきています。

経営破綻したということはこれ以上運営

できないということですが、そんな中で

新しい受け入れ先を探さなければならない

とするなら、見つけるのは非常に困難

なのではないか?と思いました。

今後松本病院の動きはどうなるのか

調べてみたところ、スポンサーからの

支援が受けられるそうで、

新型コロナウイルスの患者の方も含め、

診療は続けられるそうです。

入院患者の方々が急に放り出されてしまう

ような状況ではないと知ってひとまず

ほっとしましたが、それでもやはり

新型コロナウイルスの患者を診るという

ことは酸素吸入機など非常に高価な

医療機器を何台も揃えなければならず、

経営にも非常に大きく影響しているんだな

ということがわかりました。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。

今回は新型コロナウイルスの中等症患者を

受け入れしている大阪・福島区の松本病院

を運営している医療法人「友愛会」が

経営破綻したことを受け、現在入院して

いる患者さんがこれからどうなるのかに

ついて調べてみました。

  • 8月27日の夜、新型コロナウイルスの
    受け入れをしていた松本病院の運営
    法人「友愛会」が経営破綻したと
    報じられた
  • 負債総額は約52億円
  • 医療法人のスポンサーからの支援を
    受ける
  • 新型コロナウイルスの患者も含め、
    診療は続けられる
  • 入院患者も今の所転院は必要なさそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました