代々木公園の顔像はなぜ無表情?誰がモデルで作者の目(me´)とは?

気になるウワサ噺

こんにちは、アヤトです!

東京五輪に向けて連日報道がありますが、

その中でも今非常に注目されている

「オブジェ」があります。

それが代々木公園に突然現れた

巨大な顔だけの像。

なぜか空に浮かんでいますが、表情が

無表情なだけに、「朝起きたら驚いた」と

語る人もいるほど。

なぜ無表情なんでしょうか?

一体誰がモデルなんでしょうか?

製作者は現代アートチーム「目(me´)」

という方々なんだそうですが、どんな

チームなのか?も調べてみました。

代々木公園の顔像とは?


出典:https://00m.in/WoiAj

7月16日の朝、東京五輪のメイン会場

国立競技場などが近接する代々木公園の空に

突然現れた「顔」。

そこにポツンとあるのは巨大な「顔」のみで

インパクトが大きいだけにかなりの話題です。

確かに、筆者も最初に知った時はやはり

「なんだこれ」「不気味」「怖い」という

印象が駆け抜けました。

これは東京五輪・パラリンピックに合わせて

製作された「まさゆめ」という作品で、

現代アートチーム「目(me´)」がこの

顔の像を作りました。

ニュース報道などでは「浮かばせている方法

は非公開」とされていますが、近隣住民の

方々によると、この作品は気球なんだそう。


代々木公園の顔像はなぜ無表情?

気球と分かればちょっと「素敵」と思えて

きますが、最初の印象で「怖い」と感じて

しまうのはおそらくその表情。

無表情は何を考えてるのか分からないから

余計怖く感じますよね。

一体なぜ「無表情」の顔を作ったのでしょう

か?

製作のきっかけとなったのはチームメンバー

中学生の頃に見た「夢」だそうで、

なるほど作品タイトルが「まさゆめ」な

わけですね。

その夢がいい夢として終わったのか、それと

も怖い夢として終わったのかは不明ですが、

大人になっても強烈に覚えているほど不思議

でちょっと怖い要素があったのかなと感じ

ました。

また、チームメンバーの南川憲二さんは取材

に対してのコメントで

コロナ禍での決行には葛藤もあったが、
巨大な『他者』を見つめることで、
改めて人類が共存することを実感し、
その意味を考える機会にしてもらえたら
出典:読売新聞

と話しています。

笑った顔だったり、怒った顔だったりと

表情があるよりはむしろ何を考えているのか

わかりづらい「無表情」の方が、作品として

自分が人に対してどんなふうに接しているのか

「共存」という意味を感じてもらいやすいと

思ったのかもしれません。

代々木公園の顔像誰がモデル?

像は男性がモデルということはわかりますが

一体誰がモデルになったのか、気になります

よね。調べてみたところ、世界中から一般

公募で1000人以上の中から選ばれた実在の

人物の顔なんだそうです。

残念ながら個人の特定には至りませんでした

が、0歳から90代までの応募があったという

ことでした。

ツイッターでは「毛沢東に似てる!」という

声もあり、アジア系の中から選ばれたんだな

ということがわかります。

作者である現代アートチーム「目me´」とは?

代々木公園の顔像を作ったのはアートチーム

「目(me´)」という方々なのですが、

一体どんな人たちなのか調べてみると

中心メンバーは3名いらっしゃいました。

  • アーティスト:荒神明香さん
  • ディレクター:南川憲二さん
  • インストーラー・増井宏文さん

手法やジャンルには拘らない製作活動を

行っており、展示空間や観客を含めた状況や

導線を重視した作品づくりをされています。

活動は2013年ごろから行っており、全国で

美術展を行っています。

普段の作品もちょっと不思議で「不気味さ」も

ある作品を作られているんですね。

なんにせよ、展示はキャンセル待ちをする人が

いるほどの人気ぶりだそうです。

まとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

今回は代々木公園で話題となっている巨大な

顔像について調べてみました。

  • 代々木公園の顔像はなぜ無表情?誰がモデルで作者の目(me´)とは?

ああああああああああああああああああああ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるウワサ噺
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました