新デルタ株の感染力や症状は?重症化する?潜伏期間は?ワクチンは有効?

知っておきたいこと

こんにちは、アヤトです!

新型コロナウイルスについて不穏な情報が

入ってきました。

8月30日にアルファ株によく似た新たな

変異型のデルタ株、「新デルタ株」が

確認されたと報じられています。

オリンピックが終わり、パラリンピックも

あと一週間といったところですが、

現在世界各国のアスリートや

パラリンピック関係者が集まった状態な

だけに、この変異株が世界中に広まって

しまう可能性が心配です。

「新デルタ株」の感染力や症状は他の

変異型と比べてどうなんでしょうか?

重症化のリスクや潜伏期間、

また、少しずつ摂取が進んでいるワクチン

が有効なのかどうか?についても

調べてみました。

ラムダ株とは?デルタ株の次に強い?
潜伏期間や感染経路と症状の特徴は?

新デルタ株はどこで見つかった?


出典:https://00m.in/UZfmX

今回見つかった変異型は2021年8月30日

に東京医科歯科大学で初めて確認

されました。この変異型はデルタ株

「L452R」の特徴を持っているだけでなく

イギリスが由来のアルファ株「N501Y」に

似ている形も持っているとされ、新デルタ

株と呼ばれるのではないかなと思います。

感染が見つかった方は海外渡航歴がなく、

市中感染だったということなので国内で

変異した株ではないかという可能性

高いそう。

新デルタ株の感染力は強い?症状・潜伏期間は?

デルタ株も非常に感染力が強いと言われて

いますが、今回確認された新デルタ株は

どうかというと、似たような変異株はまだ

世界で8件ほどの報告で感染力が

どのくらい強いのか、症状や潜伏期間は

残念ながらはっきりわかっていません。

現在は南米の方でデルタ株の次に大きな

感染者を出している「ラムダ株」も

オリンピック前に日本で1件発見されて

おり、それがどうなったか報道がないので

わかりませんが、日本にはさまざまな

新型コロナウイルスの変異株が集まり

つつあるように感じます。

新デルタ株にワクチンは有効?重症化リスクはどのくらい?

新しい変異株といえば非常に気になるのが

ワクチンは有効かどうか、ですよね。

この「新デルタ株」に感染した方が

ワクチン接種を終えていたのか、それとも

打っていなかったのかは報道がないため

続報があり次第まとめていきたいと

思います。

調べてみると、デルタ株はワクチンを

未接種だった場合、入院リスクはこれまで

の新型コロナウイルスの約2倍と

言われていますが、ワクチンの接種を

終えていればリスクは1.8%まで抑え

られるという有効性が確認されているので

「新デルタ株」が現在感染拡大している

デルタ株と大きく変わらないとすれば、

ワクチンは有効であると信じたいですね。

また何か情報がありましたら、随時更新

していきます。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回は8月30日に発見

された新デルタ株について感染力や

ワクチンの有効性について

調べてみました。

あああああああああああああああああああ

  • 新デルタ株は2021年8月30日に東京
    医科歯科大学で初めて確認された
  • デルタ株ではあるがイギリス由来の
    アルファ株に非常によく似ている
  • 感染力の強さは現在は不明
  • 症状や重症化リスク、潜伏期間は
    報告例が非常に少ないため不明
  • ワクチンの有効性はまだ不明
    従来の「デルタ株」には有効

コメント

タイトルとURLをコピーしました