Novelbrightの読み方や意味は?メンバーの経歴と人気曲【Mステ】

こんにちは、アヤトです!

9月4日のMステに今人気急上昇中のグループ、「Novelbright」が初登場します!

路上ライブから1年で飛躍的に人気が伸びているということで、まだまだ知らない方も

多いのではないでしょうか?

そこで今回はNovelbrightについて

  • グループの読み方
  • 「Novelbright」の意味は?
  • メンバーの経歴
  • 聴いておきたい人気曲

を調べてみました!

Novelbrightとは?

出典:https://00m.in/IJrh7

グループ名:Novelbright

ジャンル:ロック、JーPOP

事務所:ゼスト

活動開始:2013年

 

Novelbrightは5人組のロックバンドで、活動を開始されたのは2013年から。

ボーカルの竹中さんが高校時代に「ONE OK ROCK」のコピーバンドを始めたことを

きっかけに曲作りを始めました。

 

2019年7月に「崖っぷりどチクショー路上ライブTOURー

〜アコースティックCDリリースツアー〜」という

強そうなタイトルで敢行されたツアーの様子がTwitterやTik Tokなどで拡散され

大きな話題となりました。

 

2020年8月17日に大阪城ホールで行われた配信ライブでメジャーデビュー

発表され、21年7月11日に初のアリーナワンマンライブを開催予定となっています。

Novelbrightの読み方や意味は?

ところで、「Novelbright」ってパッとみたときに、読み方や意味って

皆さんは何を連想しますか?

 

筆者はただ単純に分解して「Novel」と「bright」で

ノベルブライトじゃないの?と思っていましたが、違いました

輝く小説(長い文章)→歌詞にめちゃくちゃ注目してね!って意味じゃないの?と

思っていましたが、全然違いました

 

Novelbrightの読み方は「ノーベルブライト」でした。

このグループ名に込められた意味は「新たな輝き」で、

新しいひかりになれたらいいなという思いが込められているんだそうです。

メンバーの経歴は?

では、グループ名と意味がわかったところでメンバーの皆さんの

プロフィールと経歴をご紹介します。

 

出典:https://00m.in/VV4oz

名前:竹中雄大

担当:ボーカル

 

生年月日:1995年11月10日

竹中さんはNovelbrightの現在唯一の立ち上げメンバーです。

ボーカルの他に、楽曲の作詞作曲も担当されています。

学生時代に口笛の世界大会で2回も優勝経験があるそうです。

筆者は口笛に世界大会があるなんて初めて知りましたが、どの分野にも極めた人が

いるってスゴいですよね。

 

出典:https://00m.in/3CR7W

名前:山田海斗

担当:ギター

生年月日:1933年8月9日

 

山田さんも楽曲の原案作りに携わっています。

もともと別のバンドに所属していたそうですが、竹中さんとはその頃から知り合いで

友人だった「ねぎさん」がドラマーとしてNovelbrightに加入することになったため

山田さんも加入することにしたそうです。

 

出典:https://00m.in/RkRMH

名前:沖聡次郎

担当:ギター

生年月日:1995年3月15日

 

沖さんは山田さんと共に楽曲の原案作りを担当されています。

もともとはNovelbrightのメンバーが使用しているスタジオの店員さんだったようです。

立ち上げメンバーで現在は脱退された勇太朗さんから誘われ、加入されました。

 

出典:https://00m.in/JeDzg

名前:圭吾

担当:ベース

生年月日:1996年1月4日

 

圭吾さんはもともと別のバンドでドラムを担当されていましたが、

その頃からNovelbrightのメンバーと仲がよく、加入を希望されていたようです。

前任ベーシストだった勇太朗さんが脱退された後、後任候補に上がった圭吾さんが

加入を快諾。その時ベースの演奏経験はなかったというのがまたスゴい話です。

一方で圭吾さんは「CHRONOIZM(クロノイズム)」というアパレルブランドを

持っており、デザインとモデルの仕事もされています。

なんでもできますね!

 

出典:https://00m.in/PZXUP

名前:ねぎ

担当:ドラム

生年月日:1996年1月5日

 

「ねぎ」さんとは、本名の「ねぎし」からとったニックネームなんだそうです。

路上ライブの際にはカホンを叩いています。

驚くべきことに、アメリカのZildjian(ジルジャン)というシンバルと

ドラムスティックのメーカーと静岡県のNegiDrumsというドラム機材会社の

2社とエンドースメント契約を結んでいます。

確かにMVをよーくみてみると、ドラムは「Negi Drums」の文字が確認できます。

しかし、そんなぴったりな名前のドラム会社があったことにも驚きです。

(エンドースメント:企業から報酬が支払われる代わりに契約した著名人が
その企業の商品を使用する契約のこと)

 

以上の5人がNovelbrightの現役メンバーです。

5人ともそれぞれ強烈な個性があり、素敵なグループですね。

聴いておきたい人気曲

そんな人気急上昇中のNovelbrightがもっと好きになる、オススメの人気曲を

いくつかご紹介します。

音楽配信サイト「レコチョク」などから人気曲を見てみたところ、

堂々の1位は「Walking with you.」

 

2位は「拝啓、親愛なる君へ」

 

3位が「ふたつの影」です。

この曲はバラードで、セカンドミニアルバム「EN.」にも収録されています。

 

そしてMステで歌われる「Sunny drop」

どの曲も始まりからすでにキャッチーで、人気が集まっているのがよくわかります。

これからもどんどん伸びていくと思われますので、要チェックですね。

MステにNovelbrightが初登場!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

  • Novelbrightの読み方は「ノーベルブライト
  • 込められた意味は「新しい輝き
  • メンバーの経歴
  • 聴いておきたい人気曲は
    1.Walking with you.
    2.拝啓、親愛なる君へ
    3.ふたつの影
    4.Sunny drop

筆者は曲を調べて聴いているうちに、すっかり耳がNovelbrightに

馴染んでしまいました。

なんでか言葉にできないけれど短時間で惹きつけられる、そんな曲を作れるのは

本当に凄いことですね。

人気が爆発し始めたのは2019年からですが、それ以前から活動されていたので

素晴らしい曲はたくさんあります。是非聴いてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました