大場雄一郎の職業や年収がすごい!ハーフ?【イキスギさん】

バラエティー

こんにちは、アヤトです!

5月24日の『DEEPな店の常連さんに密着

イキスギさんについてった』では昭和

レトロ店に8年間、1日7時間いて、閉店

作業まで手伝う男・大場雄一郎さんが

登場します!

1日7時間ってもはやバイトの域ですが

実は職業がとても特殊なんです!

あまり聞かない”リキッドライト”という

照明を扱う仕事なんですが、年収にすると

どのくらいなんでしょうか?

また、番組予告でもとても広そうな家が

紹介されていましたが、結婚はしてるので

しょうか?

調べてみました!

昭和レトロ店に1日7時間いる大場雄一郎とは


出典:イキスギさん

昭和レトロ店に8年間、1日7時間いる男

こと大場雄一郎さん。


「みんなにとって価値がないものほど、

僕にとっては価値がある」と語っています

が、最近はまたレトロブームが到来して

きている気配がありますよね。

大場雄一郎さんは60年代〜70年代の

ロックや古着、サブカルチャーなどへの

造形が深く、実はフェスや資生堂

dプログラム テレビCMなどにも出演

されている方なんです。

大場雄一郎はハーフ?

番組予告でも色素の薄い髪やくっきりと

した目鼻立ちが目を引く大場雄一郎さん

ですが、調べてみるとお父さんもお母さん

も純日本人でした。

もしかすると、ご親族の方に外国の出身の

方がいらっしゃるのかもしれませんね。

大場雄一郎の職業や年収がすごい?

大場雄一郎さん、番組では昭和レトロ愛で

紹介されますが、普段は何をしているの

でしょうか?

調べてみると、”リキッドライト“という

特殊な照明を扱い、『OverLightShow

〜大箱屋〜』というグループの代表

されています。

お笑い芸人やついいちろうさんが主催する

『やついフェス』やロックユニット

『GLIM SPANKY』のツアーなどに参加

されています。

”リキッドライト”とは、1960年代に

サイケデリックやロックカルチャーの中で

人気となった舞台ようの特殊照明演出の

ことです。

ガラスなどの器に油や水、染料を滴らし、

光や鏡を使って舞台へ投影します。

リアルタイムに染料などを動かしていく

ことで演出が変わっていくので、二度と

同じものは作れないというライブ感を

味わうことができます。


出典:https://00m.in/NER5l

動画でリキッドライトが広がっていく様子

を見てみたい方はこちら!

年収はどのくらい?

大場雄一郎さんが扱うリキッドライトが

ライブでどのくらいの価値になるのか

普通の照明と違うので、ちょっと

わからないところもありますよね。

ちなみに、似たようなところでライブ

ハウスなどの舞台照明を扱うスタッフさん

の平均年収を調べてみると、厚生労働省が

発表している賃金行動基本統計調査では

約599万円でした。

職業年収ランキングでは54位と平均的な

年収額だそう。

リキッドライトは通常の照明機材とは違う

特殊な材料や、二度は同じ演出を作れない

という性質から、ライブでの需要により

年収はこれより前後するのかなと

いう印象です。

代表を務める『OverLightShow

〜大箱屋〜』のHPでは演出料などの詳細

は公表されていませんでしたが、やはり

組織をまとめている方ということで、

それなりに高いのではないでしょうか?

同日紹介のイキスギさんもチェック!

雨宮ひかるの職業は?バナナワニ園の
イラストがすごい!【イキスギさん】

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回は『DEEPな店の常連

さんに密着 イキスギさんについてった』で

昭和レトロ店に8年間通い、1日7時間いて

閉店作業まで手伝う男について調べて

みました。

  • 昭和レトロ店に通っているのは
    大場雄一郎さん
  • 職業はリキッドライトのOVER LIGHT
    SHOW〜大箱屋〜の代表
  • 年収の詳細は不明だが、通常の舞台
    照明スタッフでは平均年収が
    約599万円。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バラエティー
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました