パラリンピック開会式が素敵!演出のウォーリー木下(劇作家)って誰?

スポーツ

こんにちは、アヤトです!

パラリンピックの開会式、とても良かった

とかなりの評判ですね!

東京オリンピック2020の開会式は開幕

直前でさまざまな問題が浮上し、辞任する

方が続出。最終的には残った20人ほどで

開会式の担当をされたということですが

評判は芳しくありませんでした。

今回のパラリンピック開会式は特に

大きな不祥事が報じられることもなく

さらっと始まりましたが、演出を担当

された方は劇作家のウォーリー木下さん

という方なんだそうです。

一体、どんな方なんでしょうか?

調べてみました。

パラリンピック開会式のタケコプターが
かわいいけどなぜ?理由とコンセプトは?

パラリンピック開会式の主役の女の子は
和合由依!誰?プロフィールや経歴は?

パラリンピック開会式が「素敵」と話題に!


出典:https://00m.in/NfbcD

パラリンピックの舞台は

「パラ・エアポート」。

数人のスタッフが風を起こすところから

始まり、その風が各所に送られると

約100名のスタッフで「パラ・エアポート」

を開きます。

ここに到着し入場してきたのは各国の

選手たち。

コンセプトは「We have wings」、

私たちには翼がある、ということで

「翼」や「風」が非常に重要な意味を

持っていました。

パラリンピック開会式は始めから終わり

まで一貫したストーリー性があり、

各国の国旗の色を表したプロジェクション

マッピングであったり、難民選手団に

最初に入場してもらったり、ここ数週間

で政府が崩壊して参加を断念することに

なってしまったアフガニスタンの国旗だけ

でも参加という形で取り入れるなど、

近々で起こったトラブルにも最大限の

配慮が感じられ、

「東京パラリンピックの開会式が素敵!」

と非常に大きな反響が集まっています。

演出を担当したのはウォーリー木下

今回の東京パラリンピック開会式の演出、

クリエーティブ部門のトップディレクター

演出家で劇作家、フェスティバル

ディレクターのウォーリー木下さん

という方が務められました。

2021年8月24日に制作・演出チームが

公表されていました。

ウォーリー木下さんは2018年に大阪で

行われた「障がい者舞台芸術オープン

カレッジ」の総合演出も担当された

ご経験があり、役者の身体性に音楽と

映像を融合させた演出が特徴です。

ウォーリー木下の経歴やプロフィールは?


出典:https://00m.in/RZYIz

名前 ウォーリー木下
生年月日 1971年12月20日
出身 東京
身長 178cm

ウォーリー木下さんは神戸大学のご出身で

大学在学中から演劇活動を始められました。

劇団「sunday」や音楽や映像だけで

表現するノンバーバルパフォーマンス集団

「THE ORIGINAL TEMPO」を設立し、

イギリスやドイツなどをはじめとした

海外の演劇フェスティバルにも招待され、

世界的にも高い評価を得ています。

これまでに手がけてきた作品を調べて

みると、「2.5次元」の舞台では

ハイキュー!!」や

美少女戦士セーラームーン」の演出、

劇作品では今年7、8月に公演した

ジャニーズグループふぉ〜ゆ〜の

SHOW BOY」、

Six TONESのジェシーさんが主演の舞台

スタンディングオーベーション」の

演出も担当されていました。

演者の身体性で動きを決めるということは

一人一人を見極めて動かすということだと

思いますので、大人数で様々な個性や特徴

を持つパラリンピックの開会式は非常に

大変ではあったと思いますが、

「素敵だった!」という高い評価が多い

ことから、ウォーリー木下さんの手腕が

示されたことと思います。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。

今回は評価の高かった東京パラリンピック

開会式を担当されたウォーリー木下さんに

ついて調べてみました。

  • 東京パラリンピック2020が8月24日
    から開催
  • パラリンピック開会式が「素敵!」と
    SNS上で話題
  • パラリンピック開会式の演出を
    担当したトップディレクターは劇作家
    のウォーリー木下さん
  • ウォーリー木下さんは演者の身体性に
    合わせた演出が得意
  • 2018年に行われた大阪障がい者舞台
    芸術オープンカレッジの総合演出を
    担当されていた
  • 2.5次元舞台「ハイキュー」や
    Six TONESジェシーさん主演の舞台など
    話題性のある舞台演出も担当されていた

コメント

タイトルとURLをコピーしました