pink venom(ピンクヴェノム)の意味や和訳は?何が問題?

こんにちは、アヤトです!

韓国の人気グループ『BLACK PINK』が

リリースした新曲『Pink venom』、

ものすごい再生回数で話題ですね!

 

多くの人が聞く人気曲ですが、9月5日に

ちょっと気になる話題が入ってきました。

なんと、韓国のテレビKBSで、この

Pink venomが『不適格』と判断され、

チャートから外されてしまったよう。

 

歌詞にフランスの高級ブランドの

『セリーヌ』が入っていることが問題と

されているようなんですが、どういうこと

なんでしょうか?

 

Pink Venomの意味や和訳を確認しながら

見ていきましょう!

BLACK PINKの新曲 Pink venomが話題!


出典:https://00m.in/5AedQ

BLACK PINKの2ndアルバム

『BORN PINK』から先行配信された楽曲

『Pink Venom』が非常に話題ですね!

 

8月25日に公開されたダンスプラクティス

は本来のMVではないのに、公開29時間

35分で再生回数が1億回を突破するほどの

人気ぶりです。

アジアンっぽい曲調と強いビートが

合わさり、1度聴いただけで強烈な

インパクトを残すこの楽曲。

 

ダンスもかなりキレッキレで、その後から

公開されたMVを見ても、練習動画と比較

してもう一度見たくなるほどのレベルの

高さです。

 

『Pink Venom』は部門の女性アーティス

ト世界最高記録を更新し、29時間35分で

再生回数1億回という記録もK -POPの

ガールズグループでも最短のものと

なりました。

 

K -POP界でも偉業を成したこの楽曲が

なぜ、ランキングから外されてしまったの

か、驚きと疑問を抱きますね。

ピンクヴェノムの意味や和訳は?

『Pink Venom』の読み方としては

そのまま『ピンク・ヴェノム』なんですが

ヴェノムってなんだっけ?と思った方も

いるのではないでしょうか。

 

『venom』とは”毒”を意味しています。

毒というと、パッと思い浮かぶのは

ポイズンですが、その違いについても

調べてみました。

Venom と Poisonの違い

  • Venom:動物などが噛んだり
    刺したりして注入する種類の毒
  • Poison:毒全般、毒の総称

このことからすると、『Pink Venom』は

”ピンクの毒”となります。

 

歌詞の中にも韓国語のフレーズで

”今夜、私は毒を持った花なの”という

部分があります。

 

どういうことなのか、歌詞全体を見て

いきましょう。

BLACKPINK, BLACKPINK
BLACKPINK, BLACKPINK

Kick in the door Waving the coco
(ドアを蹴破って、ココを振って)

팝콘이나 챙겨 껴들 생각 말고
(ポップコーンでも食べて
割り込むなんて考えずに)

I talk that talk Runways I walk walk
(言うべきことを言う、
ランウェイでは歩く)

눈 감고 pop pop 안 봐도 척
(目を閉じて pop pop 見る必要はない)

 

One by one then Two by two
(1人ずつ、それから2人ずつ)

내 손끝 툭 하나에 다 무너지는 중
(私の指先ひとつで全て崩れていく)

가짜 쇼 치곤 화려했지
(偽物のショーにしては
ゴージャスでしょ?)

Makes no sense
(意味なんてない)

You couldn’t get a dollar outta me
(あなたは私から1ドルさえ得られない)

자 오늘 밤이야 난 독을 품은 꽃
(今夜、私は毒のある花)

네 혼을 빼앗은 다음
(あなたの魂を奪った後)

Look what you made us do
(あなたが私たちにやったことを見ろ)

 

천천히 널 잠재울 FIRE
(ゆっくりあなたを眠らせる炎)

잔인할 만큼 아름다워
(それは残忍なほど美しい)

 

I bring the pain like
(私があなたに痛みを与えてあげる
それって)

This that pink venom
(ピンクの毒みたい)
This that pink venom
(ピンクの毒みたい)
This that pink venom
(ピンクの毒みたい)
Get ‘em, get ‘em, get ‘em
(捕まえろ、捕まえろ、捕まえろ)

Straight to ya dome like whoa whoa whoa
(お前のドームに直行だ)
Straight to ya dome like ah ah ah

Taste that pink venom
(ピンクの毒を味わえ)
Taste that pink venom
(ピンクの毒を味わえ)
Taste that pink venom
(ピンクの毒を味わえ)
Get ‘em, get ‘em, get ‘em
(捕まえろ、捕まえろ、捕まえろ)
Straight to ya dome like whoa whoa whoa
(お前のドームに直行だ)
Straight to ya dome like ah ah ah
(お前のドームに直行だ)

 

Black paint and ammo, got bodies like Rambo
(黒いペンキと弾薬、ランボーみたいなイケてる体)
Rest in peace, please light up a candle
(安らかに眠れ、キャンドルを灯して)
This da life of a vandal,
(これは破壊者の人生さ)
masked up and I’m still in Celine
(セリーヌを纏って自分を覆い隠す)
Designer crimes or it wouldn’t be me
(デザイナーのせいよ、私のじゃない)

Diamonds shinin’ drive in silence
(ダイヤモンドが輝いてる
静かにドライブしろって?)

I don’t mind it I’m ridin’
(私はそんなの気にしない)

Flyin’ private side by side
with da pilot Up in the sky
(飛行機と並んでプライベートジェットを飛ばす)

And I’m wildin’, stylin’ on them
and there’s no chance
(私は最高にワイルドでスタイリッシュ
アンタらはお呼びじゃない)
Cuz we got bodies on bodies
like this a slow dance
(だからスローダンスみたいに
ゆっくり踊ってあげるわ
こんな風に)

 

자 오늘 밤이야 난 독을 품은 꽃
(今夜、私は毒のある花)

네 혼을 빼앗은 다음
(あなたの魂を奪った後)

 

Look what you made us do
(あなたが私たちにやったことを見ろ)

천천히 널 잠재울 FIRE
(ゆっくりあなたを眠らせる炎)

잔인할 만큼 아름다워
(それは残忍なほど美しい)

 

I bring the pain like
(私があなたに痛みを与えてあげる
それって)

This that pink venom
(ピンクの毒みたい)
This that pink venom
(ピンクの毒みたい)
This that pink venom
(ピンクの毒みたい)
Get ‘em, get ‘em, get ‘em
(捕まえろ、捕まえろ、捕まえろ)
Straight to ya dome like whoa whoa whoa
(お前のドームに直行だ)
Straight to ya dome like ah ah ah
(お前のドームに直行だ)

Taste that pink venom
(ピンクの毒を味わえ)
Taste that pink venom
(ピンクの毒を味わえ)
Taste that pink venom
(ピンクの毒を味わえ)
Get ‘em, get ‘em, get ‘em
(捕まえろ、捕まえろ、捕まえろ)
Straight to ya dome like whoa whoa whoa
(お前のドームに直行だ)
Straight to ya dome like ah ah ah
(お前のドームに直行だ)

 

원한다면 provoke us
(望むなら怒りを買うわ)

감당 못해 and you know this
(手に負えないけど、知ってるでしょ)

이미 퍼져버린 shot that potion
(もう広がっていったわ 放たれたその毒)

네 눈앞은 핑크빛 ocean
(あなたの目の前はピンク色の海)

Come and give me all the smoke
(こっちに来て私にタバコを頂戴)

도 아니면 모
(一か八か)

like I’m so rock and roll
(最高にノってる)

Come and give me all the smoke
(こっちに来て私にタバコを頂戴)

다 줄 세워 봐 자 STOP DROP
(みんな並んで さぁSTOP DROP)

 

I bring the pain like
(私があなたに痛みを与えてあげる
それって)

La tatata La tatata La tatata La tatata
La tatata La tatata

Straight to ya
Straight to ya
Straight to ya dome like

La tatata La tatata La tatata La tatata
La tatata La tatata

I bring the pain like
(私があなたに痛みを与えてあげる
それって)
出典:BLACKPINK – ‘Pink Venom’ M/V

 

すごく強烈なフレーズがたくさん並んで

いますね。

歌詞の序盤に出てくる”Waving the coco”

や”Rambo”が何を指しているのか、何度か

聞いてみた程度では深く分かりません

でしたが、もし意味がわかったら

後から追記していこうと思います。

Pink venomの不適格、『セリーヌ』は何が問題?

今回、韓国のテレビ局『KBS』で不適格と

されたのは、Pink Venomの中盤にある

英語ラップの部分です。

 

”masked up and I’m still in Celine”
(セリーヌを纏って自分を覆い隠す)

という部分ですね。

 

8月24日に発表された審議結果には

『特定の商品ブランドに言及するなど

放送審議規定第46条違反』ということが

不適格を受けた主な理由だとしています。

 

セリーヌはフランスの高級ブランドです。

日本でいう、NHKの歌番組で

”キミのドルチェ&ガッバーナのその香水

のせいだよ”とか歌っちゃまずい、

みたいな理由なのでしょうね。

 

韓国の放送局について調べてみると、

  • KBS(韓国放送公社)
  • MBC(文化放送ネットワーク)
  • SBS(SBSネットワーク)
  • OBS(京仁テレビ)

などに分かれています。

『Pink Venom』はKBSテレビの審議に

よって放送不可とされ、「ミュージック

バンク」というMステ的な大きな歌番組の

チャートからも外されてしまいましたが

他の放送局では流れるのでしょうか。

 

韓国国内での放送局の力関係がいまいち

分からないので不明ですが、せっかく

これだけ評価されているので、かなり残念

な気もします。

 

ただ、現在はYouTubeやTikTokなどの

媒体でも聴いて応援できるので、

これからのBLACK PINKの曲も楽しみに

待っていたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
曲/歌手気になるウワサ噺
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました