レペゼン地球の解散理由は?炎上商法で発表は嘘?

気になるウワサ噺

こんにちは、アヤトです。

11月4日の夕方ごろ、DJ集団、レペゼン地球がYouTube動画内で

解散ドームライブを行うと告知しました。

レペゼン地球といえば「炎上商法」が非常に有名で、今までにも

ファンの度肝を抜くようなプロモーションを行ったりもしているので、

「今回の解散宣言も嘘?」とファンの間では不安と期待の声が入り混じっています。

 

ということで今回はレペゼン地球の解散について

  • 本当ならば、理由は?
  • いつもの炎上商法で発表は嘘?

を調べてみました。

レペゼン地球とは

出典:https://00m.in/p1PdR

レペゼン地球はDJ、トラックメイカー5人による音楽グループ、YouTuberです。

活動を始められたのは2015年で、今年で5年目の活動になります。

レペゼン地球の活動は主にYouTubeで、新曲などを発表する「曲チャンネル」と

宣伝を兼ねたバラエティー動画を扱う「メインチャンネル」があり、

合わせると約343万人のチャンネル登録者数を持っています。

 

レペゼン地球は結成した当時から「ドームライブ」を目標に活動してきました。

2019年に一度ドームライブを計画しましたが、公演は中止。

2020年もアリーナツアーの開催を発表しましたが、コロナウイルスの影響で

中止になりました。

ライブがたて続けて未開催となってしまった中、今度は2020年12月26日に

福岡Pay Payドームにて単独ドームライブを行うことを発表しました。

しかし発表はそれだけでなく、このライブをもって解散するとの告知もありました。

この告知に対し、ファンはドームライブよりも「え?!解散!!?」と

騒然となっています。

 


解散理由は?

レペゼン地球の告知動画では解散理由としては

「我々レペゼン地球は結成から5年間ドームに立つことだけを夢見て今まで頑張ってこれました。そして今回僕たちの地元である福岡ドームの公演が決まり、ついに夢を叶えることができました。よって我々レペゼン地球はこのドームの公演を最後に解散しようと思います」

というものでした。

ファンの間では「嘘か真か」と依然として疑問が上がっていますが、

DJ社長は、モデルプレスの取材に対し「解散はガチです。ドッキリとかではないです」と語っている。

出典:https://news.livedoor.com/article/detail/19169371/

あくまで「解散」の方向に動いているという様子でした。

 

追記:レペゼン地球はDJ社長がきゃりーぱみゅぱみゅに対抗心を燃やしたことから

始まったそうで、後輩の松本絃歩さんに「日本一のDJ集団を作り、

ドームライブをした日に解散する!!カッコ良くね?

めちゃめちゃカッコいいー!!!」という流れでできたグループだったそうです。

なので福岡ドームでライブをする日に解散する、というのはもともとの流れ通りだったようです。

炎上商法で発表は嘘?

レペゼン地球は過去に炎上が元で決まっていたドームライブが中止になっています。

そのため、今回の解散告知もファンの間では「炎上商法で注目を集めるのが目的か…?」

と憶測が広がっています。

 

モデルとして活動するジャスミンゆまさんがレペゼン地球のリーダー・DJ社長による

パワハラがあったというツイートで波紋が広がりましたが、

実はパワハラはなく、ジャスミンゆまさんのプロモーションとレペゼン地球の

新曲「パワハラ ザ ホルモン」のお披露目でした。

しかし、このパワハラをネタにしたことが「たちが悪い」と炎上し

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演する羽目になりました。

 

確かに「解散」というワードはとても威力が強いので、

「この炎上案件と同じ匂いがする…!」という方がいるのですね。

 

以前のライブで「ドームは2回3回とやる」というDJ社長の言葉を

聞いているファンもいることから、今のところ依然として解散が真実かは

図りかねるところです。

また、「炎上商法で解散は嘘でしょ?」という意見の他に、

次の目標へ向かうため、グループ名を変えるという可能性を示唆する人も。

この「博多Life」という曲のなかで着用されている服の裏には

一瞬ですがこんな文字が見えます。

“To give another birth to the world with young souls.

this is whole new entertainment”

-若い魂と共に世界を新たに誕生させること、これが新しいエンターテインメントだ-

この曲が出されたのは解散ドームライブの告知をした11月4日と同じ日なんです。

そう考えると、これには何か重要な意味が隠されていそうな予感がします。

 

追記:11月5日にレペゼン地球のDJ社長が動画で解散する理由を話されていました。

ドッキリでもなく、レペゼン宇宙になるでもなく、本当に解散するようです。

もともと、「ドームライブをやる日に解散する」と決めていたようで、

本当に解散するようです。

まとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

今回はDJ集団・レペゼン地球についてドームライブ告知と共に投下された爆弾、

「解散」について調べてみました。

  • 解散理由としては当初から目標だったドームツアーが叶うから
  • 炎上商法で注目を集めるという手法をとった経験があることから、
    今回の解散も実は嘘では?と憶測も広がっている
  • 告知と同日に「博多Life」という曲が発表され、何やら重要そうなメッセージが
    あることから、グループ名を「博多Life」にするのでは?という声もある

いずれにせよ、DJ社長によると「解散はガチ」ということなので、

今のところ、本当に解散してしまったときのことを考えて

覚悟を決めてドームライブに臨むしかなさそうです。

しかし、炎上したときのように「ねぇ、今どんな気持ちぃ??」としたり顔で

「解散しないよ」と言ってくれた方が嬉しいですよね。

一縷の希望を捨てず、レペゼン地球のドームライブを待ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました