エフゲニーリロフ(背泳ぎ)の猫マスクがかわいい!愛猫の画像は?【東京五輪】

気になるウワサ噺

こんにちは、アヤトです!

東京五輪、盛り上がってますね!

また面白いニュースが入ってきました。

男子100m背泳ぎで金メダルを獲得した

エフゲニー・リロフが猫マスクで表彰式に

臨もうとしたところ、組織委員会からNG

が。結果、白い無地のマスクで表彰台に

上がることになりましたが、猫マスクが

かわいい!と評判です。

大の猫好きで、3匹の愛猫がいるという

ことですが、エフゲニー・リロフ選手が

愛してやまない猫がどんな猫なのか

気になります。

画像があるかどうかも調べてみました。

トーマスデーリー(イギリス飛び込み)
の編み物がかわいい!画像まとめ

五十嵐カノアの5ヶ国語は何語?
名前の由来や国籍は?【東京五輪】

西矢椛のラスカルはアニメの方!
中山楓奈と仲良しで関係は?【東京五輪】

エフゲニー・リロフの猫マスクがかわいい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evgeny Rylov(@evgesh.rylov2396)がシェアした投稿


エフゲニー・リロフ選手の話題になって

いる猫マスクはこちら。

かわいい系ではなく、かなりリアルな

猫の口元の柄を選んだところに

エフゲニー・リロフ選手の猫へ傾ける

凄まじい熱量を感じます。

ゴーグルをつけると猫というよりライオン

に近いようにも見えて、非常に迫力が

あります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evgeny Rylov(@evgesh.rylov2396)がシェアした投稿


ロシアのネット上ではご自分で飼われて

いる猫を「私の猫は世界一速い」と

話しているそうです。

まだ200m競技を控えていますので、

猫の気持ちになってプールを駆け抜けて

欲しいですね!

エフゲニー・リロフが表彰式で猫マスク認められず

日本でも「猫と共に」のエフゲニー・

リロフ選手は大の猫好きということで、

3匹の愛猫がいることがわかっています。

表彰式でも「猫」を推したいほどとは

よっぽど猫を愛しているのでしょうし、

猫マスクがダメと言われた際は相当な

ショックだったようで、

「泣きたいよ。ネコのついたマスクを
つけて表彰台に上ることはできないと
言われて。
すみませんが、ダメなんですと。
でもオリンピックの組織委員会に
掛け合うつもりはありません」
出典:RUSSIA BYOND

と語っていましたが、気持ちは号泣だった

とお察ししました。

表彰式には結局白いマスクで臨みました

が、色付きマスクや柄マスクをつけて

いる選手は多くいます。

けど、猫マスクはダメ。

きっと日本のいろんなところで見かける

規則の一つ、「華美な服装は避ける」

がおそらく五輪にもあり、それに引っかか

ってしまったのかな、と思います。

エフゲニー・リロフが表彰式で猫マスク認められずの愛猫の画像は?

そこまで愛してやまない、エフゲニー・

リロフ選手の愛猫を調べてみると

本当にかわいい!

いくつか画像がありましたので

まとめてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evgeny Rylov(@evgesh.rylov2396)がシェアした投稿

こちらのグレーの猫はロシアンブルー

でしょうか?

シュッとした顔の美人さんですね。

それにしても、後ろに写っているメダルや

トロフィーの数がエグいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evgeny Rylov(@evgesh.rylov2396)がシェアした投稿


こちらの画像の3枚目に3匹目の黒い猫が

写っています。

こちらの2匹はふわっと丸い体に折れ耳

っぽいので、両方ともスコティッシュ

フォールドでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evgeny Rylov(@evgesh.rylov2396)がシェアした投稿


寝ている時も一緒です。

エフゲニー・リロフ選手の睡眠の邪魔を

せず大人しく待っているのもかわいい

ですが、カメラに興味があるのか、

2匹ともカメラ目線というのもまた

かわいいですね。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。

今回は男子100m背泳ぎで金メダルを獲得

した、ロシアのエフゲニー・リロフ選手の

猫マスクと愛猫について調べてみました。

  • エフゲニー・リロフは大の猫好き
  • インタビューでつけていた猫マスクが
    かわいい!と話題
  • 表彰式では猫マスクにNGが出され、
    泣きたい気持ちでいっぱいだった
  • 3匹の愛猫が家で待っており、
    おそらくはロシアンブルーが1匹と
    スコティッシュフォールドが2匹

やっぱり、メダルが取れるような

突き詰めたトレーニングや生活をされて

いる方というのは、なんというかクセが

すごいというか、こだわりが強いです。

こだわりが強いからこそ、自分を追い込み

厳しいトレーニングを続けられるのだと

思いました。今回の東京五輪は

ユニフォーム問題に立ち向かったり、

人種差別への抗議を行ったりと色々な

「自分らしさ」「自分の在り方」を大きく

表現できる機会なのではないかなと感じて

います。

エフゲニー・リロフ選手のこだわりも、

ぜひそのままでいて欲しいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました