いけもとしょう(メタバースクリエイター)のwikiプロフィール!経歴は?【マツコ会議】

バラエティー

こんにちは、アヤトです!

1月22日の「マツコ会議」に今何かと

注目されている『メタバース』が紹介

されます!

メタバースって、いわゆる仮想空間ですが

現在は仮想空間内の土地を買って美術館を

開いている方もいるそう。

それが、今回マツコ会議に出演される

いけもとしょう」さんという方。

一体、どんな方なのでしょうか?

なぜ、メタバースクリエイターになったの

でしょうか?wiki風プロフィールや

経歴について調べてみました。

今『メタバース』がアツい!


出典:https://00m.in/Ie7RR

言葉だけはなんとなく聞いたことがある、

という方も多くなってきたであろう

『メタバース』。

実はすでにさまざまな企業が注目し、

仮想空間内で行動できるように次々と

参入しているようなんです。

仮想空間というと、なんとなくゲーム

しか思い浮かびませんが、調べてみた

ところだと、

  • ディズニー
  • マイクロソフト
  • ラルフ・ローレン

などなどの有名ブランドもメタバースへの

参入を考えているそうなんです。

バーンスタイン・リサーチは2021年12月9日、メタバースへの参入を表明している企業の一覧を発表した。
バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)によると、ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)やディズニー(Disney)などの有名ブランドは、巨大な市場に成長する可能性のある物理的な世界とデジタルな世界を融合させたオンライン空間「メタバース」に参入しようとしているという。
出典:Yahoo!

有名ブランドが参入を考えている中、

すでにメタバースを使いこなし

クリエイターとして活動している方々も

まだ数は多くないながらもいらっしゃい

ます。

そのお一人が今回マツコ会議に出演される

いけもとしょうさんという方。

仮想空間内の土地を購入し、美術館を

開いているそう。

いけもとしょうさんの美術館についてはこちら!

いけもとしょうのメタバース美術館の
入り方と展示品は?【マツコ会議】

一体どんな方なのでしょうか?

プロフィールや経歴を見ていきましょう。

メタバースクリエイター・いけもとしょうのwiki風プロフィール


出典:GYAO!

活動名 Sho Ikemoto
いけもと しょう
居住 愛知県一宮市
職業 NFTクリエイター
メタバースプロデューサー
映像ディレクター
生年月日 不明

いけもとしょうさんはメタバースの

プロデューサーやNFTクリエイターとして

仮想空間内で活動されている方。

芸能関係の方ではないので、多くの個人

情報は分かりませんが、愛知県一宮市に

お住まいで、娘さんがお一人いるパパだと

いうことがInstagramの自己紹介で

わかっています。

Twitterでも娘さんの動画を一部公開して

おり、まだまだ小さなお子さんだという

ことがわかります。


いけもとしょうさんは娘さんのために

ボールペンで「おばけの絵本」を描き、

それらの作品をTwitterやInstagram、

NFTアートとして仮想空間内にも

公開されています。

NFTアートとは?

「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略。

データ管理にブロックチェーン技術

(複数のブロックが同じデーターを

時系列で保持するシステム)を活用し、

改ざんできない高度なセキュリティをもっている。

NFTでの記録があることで「唯一性」や「本人の

作品である」ということを証明することができ、

制作者や所有権を明らかにできる。

また、Podcast番組「NFTクリエイター

の日常ラジオ」で描いた絵をNFTアート

にした際に学んだことやこれから挑戦

することも毎日発信。

その他、ゲームの伝言板としてもよく

活用されているトークアプリ

Discord(ディスコード)で会員制の

コミュニティー「STUDIO PATTI」も

運営されています。

このコミュニティーでは「メタバース」や

「NFT」といった新しい価値を生み出す

クリエイティブを共有するサロンだそう。

いけもとしょうさんの活動は非常に

幅広いですね。

いけもとしょうの経歴は?

いけもとしょうさんがどうしてメタバース

のクリエイターになったのか、そのご経歴

も調べてみました。

いけもとしょうさんは元々、映像制作会社

で映像クリエイターとして働いていた

ようです。

いけもとしょうさんはNFT日本人

アーティストへのインタビューに登場

したこともありました。それによると、

まず、新しい技術として「ブロックチェーンというものがすごいぞ」と、「世の中を変えるぞ」と言われているのをネットとか音声配信とかを通じて知りました。そしてブロックチェーンから派生してNFTの存在を知りました。
出典:NFTNOW

 

仮想通貨は持ってはいたんですよ。
お金を会社員として稼いでそれを貯金しているのは非常にもったいなくないか?と思ったのが始まりです。そこから少額で株をやってみたりとか、仮想通貨というものをやってみようとしたんです。正直一番最初に仮想通貨をやったときにはちょっと稼げるかなみたいな感じでやってみたんですけど、でもそこからずっとほったらかしにして、という感じですね。
去年やっていました。
出典:NFTNOW

 

スケッチブックとボールペンでガリガリと描いているんですけど、絵が出来ていく中で制作自体とは別に新しいものを知るとか、挑戦するというのが好きなんですよ。
日本ではほぼやってる人がいないような、英語のプラットフォームみたいなものに突っ込んでみるということが好きなんですね。

やってみる中でNFTというものを知って、どうせ絵を描いているんだから一回やってみようと登録しました。2ヶ月前(2021年7月)とか、まだ人が全然いない時です。
出典:NFTNOW

娘さんのために書いていたボールペン画を

せっかく知った、ほとんど誰もやってない

技術に突っ込んでみようと思ったのが

NFTクリエイターになるきっかけだった

んですね。

現在も細かな技術面ではいけもとしょう

さんご自身もわからないことがあるそう

なんですが、わからないことがあるような

中でも「やってみよう」という気持ちの

強い方なんですね。

NFTに登録されたのは2021年7月から

ということですが、半年くらいですでに

NFTについて発信したり、コミュニティー

を作ったり、新たに参入したい方の相談も

受けているということで、非常にNFTへの

可能性を感じますね。

マツコ会議にメタバースクリエイター・いけもとしょうが登場!

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回は「マツコ会議」に

出演されるメタバースクリエイター、

いけもとしょうさんについて調べて

みました。

  • いけもとしょうさんはボールペン画を
    NFTアートとして投稿している
    メタバースクリエイター
  • 一児のパパで、娘さんのためにおばけの
    絵本を描いていたこと、新しい技術が
    好きで、ブロックチェーン技術から
    NFTを知ったことでNFTアーティストに
    なった
  • 元々は映像クリエイターとして映像制作
    会社で会社員をされていた

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バラエティー
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました