女の戦争主題歌undressme(アンドレスミー)の歌詞や意味は?

曲/歌手

こんにちは、アヤトです!

7月サタドラ「女の戦争〜バチェラー殺人事件〜」、

今回はCö shu Nie(コシュニエ)さんが歌う主題歌「undress me(アンドレスミー)」の歌詞や意味について調べていこうと思います。

「女の戦争」主題歌を歌うCö shu Nieとは?


出典:https://00m.in/2SfVm

サタドラ「女の戦争〜バチェラー殺人事件〜」

の主題歌を手がけるのはアニメ「呪術廻戦」

「約束のネバーランド」、映画「シライサン

などで注目を集めている人気アーティスト

Cö shu Nie(コシュニエ)さんです。

地上波ドラマでは初主題歌ということで、

これからますます人気が高まってくるのでは

ないかと思います。

テンポは結構早めなのにCo shu Nieさんの

柔らかな声が刺激的なドラマの雰囲気に

ぴったりです。

同じような雰囲気を連想する曲は2020年の

ドラマ「私たちはどうかしている」の主題歌

東京事変の「赤の同盟」が似ているんじゃ

ないかと個人的に思います。

「女の戦争」主題歌undress meの歌詞は?

「女の戦争〜バチェラー殺人事件〜」の

主題歌「undress me」の歌詞を調べて

みました。

抱きしめて 抱きしめてあげるよ
鼓動がはねて 良いの
いつかは終わるんだから
愛して

割れたシャドウ(割れたシャドウ)
滲んだ黒に重ねた
ホンモノび(ホンモノの)
顔なんて(見せ)ない

軽やかなステップ ゆらゆらり
サテンのリボン 揺れているのに
小説の一説にあなた
見つけてしまうの どうして

抱きしめて 抱きしめてあげるよ
ぎゅっと潰れるくらい
投げ出してしまいたい 全てを
あなたのためなら

抱きしめて 抱きしめていてよ
もう戻れないみたい
傷つけていいのはわたしだけ
ねえキスして

折れたリップ(折れたリップ)
唇に紅重ねた
掠れてく(掠れてく)
声とペルソナ
グラスに残った跡は
滲ませて(滲ませて)
あなたにつけたい

酔わせてよトリップ くらくらり
溢れたワイン 匂い立つなら
棄てればいいだけでしょう
赤く汚れたドレスは
Ahh -Ahh -Ahh

焼きつけて 焼きつけていてよ
あなたでいっぱいにして
いつかは終わるんだから
今すぐ触れたい

嘯(うそぶ)いて 嘯いていようよ
「死ぬまで愛し合うの」
いつでも思い出すのはあなただけ
ねえキスして

もう決壊しそう
着飾った言葉で
裏切り続けた
ここで終わりね

抱きしめて 抱きしめてあげるよ
ぎゅっと潰れるくらい
投げ出してしまいたい すべてを
あなたのためなら

抱きしめて 抱き締めていてよ
もう戻れないみたい
最後にホンモノをあげる
目を閉じてあかく染まれ
ねえキスして
出典:Uta-Net

「女の戦争」主題歌undress me意味は?

ところで、「undress me」とはどういう

意味なのかも気になりますよね。

読み方は「アンドレス ミー」なんですが、

「ドレス」には服のドレスのほかに着せる

という意味があります。

単語の前に「un」がつくと否定的・逆の

意味になるので、「undress me」で

「脱がせて」という意味合いになります。

一人のバチェラーを取り合う「女の戦争」に

相応しい、刺激的なタイトルです。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。

今回は「女の戦争〜バチェラー殺人事件〜」

の主題歌、undress meについて

調べてみました。

  • 「女の戦争〜バチェラー殺人事件〜」
    主題歌はCö shu Nie(コシュニエ)さんの
    undressme(アンドレスミー)
  • 「undress me」の意味は「脱がせて」

「女の戦争〜バチェラー殺人事件〜」、物語が

進むにつれて一人、また一人と脱落者が出て

いきましたが、ラストのラストでひっくり

返されましたね。

妖しげで刺激的なCö shu Nie(コシュニエ)さんの

曲がドラマにぴったりですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
曲/歌手
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました