W杯2022の曲は?各局ごとのテーマソングまとめ【NHK・テレ朝・フジ】

スポーツ

こんにちは、アヤトです!

2022年度のW杯が近づいてきましたね!

 

ワールドカップをさらに盛り上げる曲も

各局ごとに違っているので、チェックして

おきたいですね!

 

今回はFIFAワールドカップ2022の

NHK、TBS、フジなど各局ごとのテーマ

ソングについて調べてみました。

FIFA W杯カタール2022


出典:https://00m.in/HAKu8

FIFA W杯カタール2022がやってきます。

期間は11月21日から12月18日まで。

5連盟32チームが出場し、期間中には

合計で64試合が行われます。

 

放送局はNHK、テレビ朝日、フジテレビ

が一部試合を中継、ABEMAでは全試合を

無料ライブ配信で見ることができます。

各局ごとのテーマソングまとめ

W杯では世界共通の公式テーマソングが

制定されています。

ここでは、公式から各放送局ごとの

テーマソングについてまとめていきたいと

思います。

公式

世界共通の公式テーマソングに選ばれたの

は、『Hayya Hayya(Better Together)』

(和訳:一緒がいいよ)です。

アメリカの歌手・トリニダード・カルドア、

ナイジェリアの歌手・ダビド、

カタールの歌手・アイシャがコラボした

楽曲で、レゲエとヒップホップが融合された

曲調が特徴です。

 

アメリカとアフリカ、中東の人気歌手が

集まったこの楽曲は、『音楽とサッカーが

いかに世界を一つにまとめるか』を象徴

しており、W杯中最もよく流れる楽曲だと

思います。

 

日本の季節はこれから本格的に冬に突入

していきますが、カタールはこの11月

でも最高気温は36℃。

 

この曲を聞くと雪の気配も感じられない

陽気な部分がいいなと思います。

日本公式・テレビ朝日・ABEMA

日本での公式テーマソングとして選ばれた

のはLiSAさんの『一斉ノ喝采(いっせいの

かっさい)』です。

 

また、テレビ朝日・ABEMAのテーマ曲

でもあり、一番注目を集めているのは

この曲ではないかなと思います。

誇り高く笑える明日を願い、みんなで一斉

に喝采(手を叩いたり、大声で誉めそやす

こと)する瞬間を夢見て、この曲を手掛け

られたそう。

 

W杯のカタール公式曲にも通ずるアツい

思いが楽曲からも伝わってきますね。

NHK

NHKでは今年紅白にも出場することが

決まったKing Gnuの『Sratdom』を

2022年のNHKサッカーテーマソング

として起用しています。

常田大希さんはNHKを通じてコメントを

出しています。

何年か前に飛行艇という曲を作った時、あちこちのスポーツ会場や、さまざまなスポーツ選手たちが入場曲やテーマソングとして用いてくれていました。

その光景を目の当たりにした時、

そうだ!

1戦1戦に全身全霊を賭けるスポーツ選手はもちろんのこと、大変な時代を生き抜く全ての人々の、今日を生き抜くエネルギーになるような音を俺は鳴らしたかったのだと気付きました。

そう思い立って作ったのが『Stardom』です。この楽曲が皆様のそういった存在になってくれたら幸いです
出典:Yahoo!

また、この楽曲のコーラスには日本代表

サポーター『ULTRAS』のメンバーの方が

参加しているそう。

 

ひとつの曲をきっかけに、スポーツ選手や

日々を生きる人々のエネルギーになる曲を

考えて作ってくれるという想いがまた

アツいですよね。

 

『Stardom』は11月17日からストリー

ミング配信がスタートし、30日には予約

販売が開始されます!

紅白歌合戦2022-2023の内定出演者セトリとタイムテーブルは?

フジテレビ

フジテレビの公式テーマソングは

YOASOBIとしても活動するシンガー・

ソングライターの幾田りらさんが歌う

JUMP』が起用されています。


スポーツ番組とのコラボは初めてで、

疾走感あふれるテンポの早い楽曲で、

シンガロングパート(歌手と観客が一体と

なって歌う箇所)があるのが特徴です。

*幾田りらさんコメント*
今回の楽曲は、1回1回が命懸けの戦いの中で、たくさんの期待を背負って突き進んでいくその姿を、私自身1度きりの本番に挑むときの心境と重ねて書いていきました。(シンガロングパートは)選手の皆さんやサポーターの皆さんが口ずさみ、双方をつなぐ架け橋のような歌になっていただけたらうれしい
出典:Yahoo!

YouTubeなどではフルはまだ公開されて

いないものの、フジテレビでの情報番組で

取り上げられ、楽曲の一部を聴くことが

できます。

JFA

日本サッカー協会・JFAでもテーマソング

があります。

 

JFAではサッカー日本代表応援プロジェクト

『SAMURAI BLUE 新しい景色を2022』

の公式テーマソングとしてDISH//の

『DAWM (in 2022)』を起用しています。

激しい曲というわけではないですが、

力強い歌詞にエネルギーを感じますね。

* DISH//コメント*

僕ら自身にも新しい景色を沢山見せてくれた曲でもあるのが、この「DAWN」という曲です。音楽で、日本を背負って立つSAMURAI BLUEの力になれる。新しい景色と感動を、未来を。そして我々一人一人の真っ直ぐな想いが、歌に乗り、汗に乗り、笑顔に乗り、涙に乗り、空に乗り、選手や監督の皆様の元へ届いていくと信じています。
ー北村匠海(Vo/Gt)
出典:JFA.jp 

 

2022 FIFA W杯キャンペーンソング

韓国の現代自動車・ヒュンダイもBTSを

起用し、4月からW杯のために

『世紀のゴール』というキャンペーンを

行っています。

 

現代自動車はこのW杯でカーボンニュート

ラルを実現し、『サッカーで一つになった

全世界の人々と共に持続可能な世界を作る

ことの先頭に立つ』としています。

 

このキャンペーンで起用されている曲は

BTSがソロ活動を発表する直前にリリース

した楽曲『Yet To Come』で、ヒュンダイ

バージョンにアレンジしたものが使われて

います。

オリジナルバージョンよりエコーが

ふんだんに使われていますね。

 

開会式に一部メンバーが出演される予定も

ありますので、注目されている方も多いの

ではないでしょうか?

Yet to come(BTS)の意味や歌詞和訳!MVの考察は?
本田圭佑がさん付けする理由はなぜ?アベマの解説が面白い!【W杯】

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回はW杯カタール2022

のテーマソングについて調べてみました。

 

  • FIFA W杯カタール2022は11月21日
    から12月18日まで
  • 世界共通公式曲は『Hayya Hayya
    (Better Together)』
  • 日本公式、テレビ朝日、ABEMAの
    テーマソングはLiSAさんが歌う
    『一斉ノ喝采』
  • NHKのテーマソングはKing Gnuが
    歌う『Stardom』
  • フジテレビのテーマソングは幾田りら
    さんが歌う『JUMP』
  • 韓国のヒュンダイは『世紀のゴール』
    キャンペーンとしてBTSの『Yet To
    Come』をW杯応援ソングとしている
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました