山田邦子のM-1審査点数がやばい?カベポスターにかわいそうの声?

バラエティー
スポンサーリンク

こんにちは、アヤトです!

12月18日にM-1グランプリ2022が放送

されていますが、審査員として初登場した

山田邦子さんの点数の付け方にSNSは

ちょっとしたざわつきがあるようです。

 

特にトップバッターを務めたコンビ

カベポスターには低い点数をつけたとの

ことですが、その後もそんなに激しい

点数の付け方をしたのでしょうか?

M-1審査員に初登場の山田邦子


出典:https://00m.in/09VoV

名前 山田邦子
読み方 やまだ くにこ
生年月日 1960年6月13日
出身 東京都荒川区
身長 168cm
職業 お笑いタレント、漫談家、女優、司会、小説家
所属 アスリート・マーケティング

山田邦子さんは1984年から活動する

漫談家で、最盛期にはレギュラーを14本、

その当時女性は誰も持てなかった冠番組

を2本持つなど、女性タレントの先駆け的

存在です。

 

『唯一天下を取った女性ピン芸人』として

お笑い界のレジェンドでもあります。

M-1グランプリ2022の審査員に選ばれた

際、山田邦子さんをご存知の方もググって

知った方もSNSで『いいね!』

『楽しみ!』という声が大きいように

感じました。

カベポスターにかわいそうの声?

しかし、M-1グランプリ2022が始まると

一転、SNSはちょっとしたざわつきが

目立ちます。

 

それはトップバッターのカベポスターの

得点が発表された時から始まりました。

 

山田邦子さんはカベポスターに82点をつけ

「自分の思う高得点をつけた」と言って

いたものの、他の審査員と比べると、

一番厳しい点数になってしまいました。

他の審査員との点数
  • 山田邦子(84)
  • 博多大吉(94)
  • ナイツ塙(94)
  • サンドウィッチマン富澤(93)
  • 立川志らく(89)
  • 中川家(92)
  • 松本人志(90)

他にM-1審査経験のある方と違い、

面白くてもこの点数になったということは

山田邦子さんの中で審査基準が明確でない

ということ、トップバッターで様子見の

点数であったということも要因になって

いることが分かります。

 

しかしそれ以降は他の審査員の付け方が

少しわかったのか、山田邦子さんも90点

台の点数をつけることが多くなったと

感じる視聴者が増えたようです。

 

SNSでは山田邦子さんの点数を抜いた合計

得点を比較する方が多い印象です。


また、山田邦子さんに批判めいたコメント

をする方もちらほら見受けられます。

 

全体を通して見たときに、審査員としての

付け方はそんなにひどいものなの

でしょうか?

点数の付け方がやばい?

山田邦子さんの得点の付け方にSNSでは

賛否が集まり、Twitterではトレンド入り

するほど。

 

しかし、得点の付け方はそんなにやばいの

でしょうか?

 

SNSを見ていると、特に2番目にネタを

披露した真空ジェシカと比べて見る方が

多いですね。


カベポスターの得点の付け方が厳しめに

なってしまったことから、「これを基準に

して山田邦子さん独自の点数をつけて

欲しい」と考えていた視聴者も多いのでは

と思います。

 

しかし、その後の真空ジェシカにいきなり

95点と高得点をつけたことから

他の審査員の付け方を見て基準が

ブレてる」「振れ幅が大きい」と批判的

な声や「カベポスターがかわいそう」と

いう声も聞かれています。

 

しかし全体を通して見ると、他の審査員が

どうとかではなく、山田邦子さんはご自身

の基準で得点をつけているように感じます。

コンビ名 山田邦子さんがつけた得点
(山田邦子さん意外の総合点)
総合得点
カベポスター 84(550) 634
真空ジェシカ 95(552) 647
オズワルド 87(552) 639
ロングコートダディ 94(566) 660
さや香 92(575) 667
男性ブランコ 86(564) 650
ダイヤモンド 86(530) 616
ヨネダ2000 91(556) 647
キュウ 87(533) 620
ウエストランド 91(568) 659

こうして見ると、確かに初めての得点を

つけたカベポスターは確かに低いですが、

それ以外にも80点台はあります。

 

そして、真空ジェシカ以上に高い点数の

コンビもなかったことから、山田邦子さん

は真空ジェシカが一番ハマったということ

が分かります。

以前のM-1はもっと得点に振れ幅があった!

近年の審査の傾向として90〜100点の間で

ほんの数点差で決めるという得点が多い

ですね。

 

しかし、M-1の歴史を見てみると、かなり

得点の振れ幅がかなり大きいんです!

初代M-1グランプリでは立川志らくさんが

50点をつけたことでも話題になりました。

また、芸人の審査員ではないものの、初代

M-1グランプリでは別会場にいた一般客

300人も審査員として参加し、おぎやはぎ

に「9点」をつけたことでも大きな話題に。

 

これは後の『M-1おぎやはぎ事件』とも

いわれていますが、点数に振り幅があって

当たり前でした。

 

山田邦子さんの得点の付け方は11点差も

あったということも賛否を呼んでいます。

しかしプロがプロを評価するという点では

むしろ他の審査員の方も、改善点があるの

であれば、もっと振り幅をつけた採点を

してもいいのかなと感じました。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回はM-1グランプリ

2022の審査員を務めた山田邦子さんに

ついて調べてみました。

 

  • 山田邦子さんはトップバッターの
    カベポスターに84点をつけた
  • ご自分では面白く高得点と思ったのに
    他の審査員を見ると一番低く苦笑い
  • その次に登場した真空ジェシカに
    95点をつけ、SNS上では『カベ
    ポスターがかわいそう!』とざわつく
  • 最初に厳し目につけたなら、その点を
    基準にしてほしかった、という声も
    あったが、全体を通して見ると、
    ただ真空ジェシカがハマったための
    高得点であったことがわかる
  • 初代M-1では立川志らくさんが50点を
    つけたことも話題に挙げられたこと
    から、審査で振れ幅をつけるのは
    おかしなことではない
  • 最初の3人はまとめてつけるなど
    トップバッターが不利にならないよう
    な対策を求める声も。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バラエティー
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました