木下優樹菜が引退!今後子供はどうなる?

気になるウワサ噺

こんにちは、アヤトです。

タレントの木下優樹菜さんが7月1日から不意に復帰!

と思いきや、今度は電撃引退を発表されました。

 

今回はこんなに急な引退の決め手となった理由

活動自粛の引き金になったタピオカ騒動のその後について

調べてみました。

木下優樹菜のプロフィール

出典:https://00m.in/yr9rk

名前:木下優樹菜

愛称:ユッキーナ

出身:東京

生年月日:1987年12月4日

デビュー:2006年

 

木下さんは2007年に放送されていた「クイズヘキサゴン」の

珍回答で一躍有名になり、その後モデルや女優としても

広く活動されていました。

「ヘキサゴン」で共演していたお笑い芸人の藤原さんと

結婚し、2012年と2015年に女の子を出産し2児の母として

も知られていました。

2019年にタピオカ騒動で活動自粛、その一ヶ月後に

藤本さんと離婚されています。

電撃引退の理由は?

木下優樹菜さんは7月1日に芸能界復帰を発表したばかり

でしたが、その5日後である7月6日に電撃引退を発表しました。

 

その理由について所属事務所であるプラチナム・プロダクションは

弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました。

出典:https://platinumproduction.jp/news/10273/

と発表しています。

7月1日から木下さんは再び活動を始めてみたものの、

事務所内や私たちの見えない部分で思うところがあったの

かもしれません。

木下優樹菜の今後は?

急な引退発表となりましたが、今後の活動はどうなるのでしょうか?

最近では芸能人もYouTubeなどのチャンネルで動画や

生放送など活動の場を広げていますが、今のところ

木下さんがチャンネルを作った様子はありませんでした。

 

今まで稼働していたインスタグラムは全て削除となり、

ラインブログなどは残っているものの更新がなく、

今後の活動は今のところ不明でした。

一般人として今までとは全く違う職につく可能性も考えられ

ますが、「テレビ業界」としての芸能界は引退し、

時間をおいてインターネット上で活動されるかもしれません。

木下優樹菜の子供たち、どうなる?

木下さんとお笑い芸人の藤本さんは2019年12月に離婚が

成立していますが、親権は木下さん側にあるようです。

とはいえ、芸能界を引退してしまった後の子供たちは

どうなってしまうのか、気になります。

 

今までも藤原さんと木下さんが同じマンションに住んで

お二人で子育てをされていることはかなり有名ですが、

藤原さんはニュースサイトで木下さんの引退について

インタビューを受けた際、子供のことについても触れていました。

藤本は「木下優樹菜さんが引退を発表されました。私、藤本敏史は、今後も子供たちを含めて支えてまいります」と家族への思いを告白。
出典:https://00m.in/XtSlk

子供にとっても「親の仕事がなくなる」というのは

かなり大きな衝撃です。

木下さんのお子さんは2012年と15年に生まれているので

2020年現在は8歳と5歳。

なんとなくでも「ハッピーな状況じゃない」という

雰囲気はわかってしまいそうですが、幸いにもお父さんで

ある藤本さんが近くに住んでいるので、お子さんはいつでも

会いに行けますね。

 

「俺がいるから大丈夫!」と支えることでお子さん方が

不安少なく生活できるといいですね。

まとめ

今回は復帰から一転、電撃引退を発表した木下優樹菜さんに

ついて、今後とお子さんについて調べてみました。

  • 木下優樹菜さんは7月1日に復帰報告、のち6日に
    電撃引退発表
  • 今後の活動は不明。一般人として生活していくか
    時間の経過でYouTubeなどの活動をされるのかも?
  • 子供は藤本さんが今後も変わらず支えていくとのこと

急なことで驚きましたが、筆者はお子さんがどうなるのか

とても気になっていたので、藤本さんが変わらずに

「子供たちも含めて今後も支えていく」とコメントを

出されたことに安心しました。

木下さんの今後の活動はまだわかりませんが、木下さんに

とってこれから良い方向へ進めることを応援しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるウワサ噺
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました