ゆっくり茶番劇の商標登録炎上まとめ!ZUNの対応で今後どうなる?

気になるウワサ噺

こんにちは、アヤトです!

ゲーム実況などでも見かけることの多い

東方のキャラクター・魔理沙と霊夢の

『ゆっくり茶番劇』。

文字を入れるだけで喋ってくれる独特な

読み方をする”ゆっくりボイス”なども

親しまれています。

人気のある”ゆっくり”ですが、5月15日の

あるツイートにより炎上、「ゆっくり」

できない状況に。

なんと、「ある方」がゆっくり商標登録を

したと宣言!これから『ゆっくり茶番劇』

を使用する際は商標使用量として10万円を

支払わなければならないこととなって

しまいました。

東方の元々の作者・ZUN氏も対応に

動いているようですが、今後はどうなるの

でしょうか?

ゆっくり茶番劇の商標登録問題をまとめて

みました。

事の発端:『ゆっくり茶番劇』の商標登録化が宣言される


出典:https://00m.in/Xkrmu

ことが突然起こったのは2022年5月15日。

『柚葉』さんという方がこんなツイートを

投下されました。



出典:Twitter

特許庁による正式な書類がツイートと

共に投稿されています。

画像がちょっと小さくて見づらいので

内容を書き出してみると

  • 電子出版物の提供
  • 図書・記録の供覧(多くの人に見せようとすること)
  • 図書の貸与
  • 移動図書館における図書の供覧及び貸与
  • オンラインによる電子出版物の提供
  • 図書の貸し出し
  • 書籍の制作
  • オンラインで提供される電子書籍及び電子定期刊行物の制作
  • コンピューターを利用して行う書籍の制作
  • 映画や演芸、演劇または音楽の演奏の興行の
    企画または運営
  • インターネットを利用して行う映像の提供
  • 映画の上映・制作または配給
  • オンラインによる映像の提供
  • ビデオオンデマンドによるダウンロード不可な映画の配給
  • インターネットを利用して行う音楽の提供
  • 演芸の上演
  • 演劇の演出または上演
  • 音楽の演奏
  • 放送番組の制作
  • 教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作
  • 興行の企画・運営または開催
  • 娯楽施設の提供
  • 映画・演芸・演劇・音楽または教育研修のための施設の提供

などなど、想定される一通りの使用に

関しては許可が必要という内容です。

現状使用されているものを見ると、

『ゆっくり実況』や『ゆっくり解説』、

『ゆっくりに歌わせてみた』

などは今後、ライセンス契約が必要となり、

年間10万円の使用料を支払わなければ

ならないというもの。

なんというか、びっくりしすぎて言葉が

出ません。

1.ネット民炎上

この『柚葉』さんという方の商標登録

ツイートでネットは大騒ぎに。


『ゆっくり』は東方の二次創作で生まれ

独特のゆるさが人気のキャラクター。

ZUN氏がみんなが遊べる公園を作った。
ZUN氏「ルールを守るなら自由に
遊んでいいよ」
視聴者や投稿者たちがその公園で遊び、
砂場に綺麗で大きなお城を作った。
柚葉「あのお城は俺のモノ!
この砂場も俺のモノ!使うなら金払え!」
視聴者&投稿者「は?」

例えとしてこんなコメントをされている

方もいて、東方界隈はまさに今こんな

困惑状態にあります。

2.田代砲で関連企業のサーバーが落とされる

その後、『ゆっくり』が商標登録された

ことに怒ったネット民が特許出願を代行した

『海特許事務所』や柚葉さんの所属事務所など

柚葉さんに関係する企業のサーバーを

田代砲で攻撃し、一時はサーバーダウンして

いました。現在も繋がりにくい状況が

続いています。


出典:Twitter

中には担当弁理士の方に爆破予告など過激

な行動を起こされている方もいるようで

事務所ホームページでは警告を出されて

います。

田代砲』とは

Dos攻撃用連続投票スクリプトのこと。
ネット投票用に作られたプログラムで、使用することにより
サーバーに大量の情報を送る
多くの人が一斉に一つのサーバーに向けて
使用すると鯖落ち(ダウン)する

ネット投票で決定、選出者が表紙を飾る米TIME 誌の
「今年の人 (PERSON OF THE YEAR)」、
「アジアのヒーロー (Asian Heroes)」の各1位に、
盗撮や覗き、覚せい剤所持で逮捕されたタレントの
田代まさしを押し上げる為に2ちゃんねらーたちによって
開発された。
結果としては2位以下に圧倒的な差を付けトップと
なったものの、誌の判断でなかった事にされてしまった。
出典:ニコニコ大百科

 

3.ZUN氏・ニコニコ運営が問題に気付き対応へ

ゲームクリエイターで『東方project』の

原作者・ZUN氏がこの炎上騒ぎに気づき、

Twitterで対応に動くとコメントして

います。

こうなってしまったことで原作者のZUN氏が

対応に入るということで事態が収まることを

祈るばかりですね。

というか、こうしてZUN氏も問題解決に

動いているということは、原作者に

『無許可』で商標登録をしたということで

どうしてこうなってしまったのか、

ますます疑問が残ります。

他にも、ゆっくり実況で有名なYouTuber

『たくっち』さんもこの炎上騒ぎについて

参戦を表明。

また、ニコニコ動画でも『ゆっくり』で

動画投稿されている方も非常に多いこと

から、ニコニコ動画でも法律事務所と相談

し、5月21日までに見解を出すと発表

しています。

4.柚葉が所属事務所に警告を受ける

商標登録を行なった『柚葉』さんは

YouTubeで東方キャラクターを使った

あるあるシリーズ漫画の動画や

動画小説を投稿しています。


出典:Twitter

チャンネル登録者数は22.7万人の

YouTuberで、ライバーコミュニティー

事務所『Coyu.Live』に所属しています。

しかし、今回の商標登録を行なった件に

関してはCoyu.Liveに事前報告はなかった

ようで、事務所側として『柚葉』さんに

警告を出しています。

『ゆっくり商標登録』の炎上騒ぎにより

事務所も対応を求められていますが、

法律面での精査やことの詳細について

調査を進めており、すぐに契約解除という

ことにはならないとしています。

しかし、やはり事務所側も『問題』と

認めているようで、所属規定により

警告の後、相当の期間を置いても改善の

見込みがない場合には契約を解除すると

いう文面も。

『商標登録』問題だけでなく、所属事務所

の対応にも注目が集まります。

5.『ゆっくり茶番劇』は東方と関係ないと主張

『ゆっくり茶番劇』の商標登録化が

大炎上しているさなか、柚葉さんは

あくまで文字の商標であるとし、

キャラクターや東方とは関係ない“と

主張しています。


しかし、過去に投稿された動画で

ゆっくり茶番劇は東方Projectの2次創作で

あるとご自身で説明しています。


出典:https://00m.in/rE8Z1

現在はこの動画は非公開となっていますが

『ゆっくり茶番劇』が東方に紐付いている

ものだと分かっていての商標登録だったと

いう証明になりますね。

”関係ない”とは主張していますが、

矛盾を感じざるを得ません。

6.特許事務所が謝罪と見解を発表

商標登録により炎上が起こった翌日

5月16日、登録を代行した海特許事務所が

謝罪と見解文を公開しました。

出願当時、代理弁理士が調査を行ったところ

インターネットでの検索結果から

『ゆっくり茶番劇』は全国的に広く

知られているというレベルではないと

判断し、登録を代行したということ

でした。

また、出願されたものに対しては4ヶ月

から6ヶ月ほどの審査期間があり、

問題があると考えられる場合は書類に

より情報提供を行い、異議を唱えることが

できます。

残念ながら、出願された当時は商標申請に

問題があると異議を唱えた方はいなかった

ため、登録されたと説明されています。

その上で「周知商標を独占することで

利益を得ようとしているのであれば商標法

第4条第1項第19号の“不正の目的”に該当

する可能性がある」としています。

柚葉さんはライセンス契約と

「年間使用料として10万円」と言って

いるので、ここがどうなるのかといった

ところではないでしょうか。

今後については

商標権者と本商標は自身の商標であるはずと思われる方との間で話し合い等が行われ、場合によっては無効審判がなされるでしょう。
無効審判においては全国的な周知性がなかったとしても、一地域で周知商標であったことを主張する(同項第10号)、混同を生じる可能性(同項第15号)、不正の目的(同項第19号)で争われるのではないかと予想されます。
弊所がそれに対してどう関わるかは、商標権者の考えをまだ確認できていませんので確認してからとなります。

(中略)

皆様に愛されている商標とはつゆ知らずご迷惑をおかけいたしました。
関わった以上私も真摯に対応していきたいと思います。

出典:海特許事務所

と発表しており、今後の動向にも注目して

いきたいと思います。

7.年間使用料の廃止を発表

5月16日、商標登録の炎上を受け

商標を使用する際のライセンス料10万円

の撤廃を発表しました。

商標登録をされる前から『ゆっくり茶番劇』

を使用している方のライセンス契約は

不要としています。

また、東方Projectの魔理沙と霊夢の顔や

『ゆっくり実況』や『ゆっくり解説』など

は商標に関係せずに使用できるとも主張

されています。

以前から動画を投稿されていた方が心配

されていた『使えなくなる』ことや

『ライセンス料』は無くなったものの

商標権は変わらず自分のもの』と

いう姿勢は変わらず、中には今後の可能性を

危惧する方も。


ライセンス料が不要になったとはいえ、

『みんなのもの』として広く親しまれて

いたものが突然、第三者の私物になって

しまったことで、ショックや違和感が

強いよう。SNSでは商標の撤回を願う声が

大きく広がっています。

ゆっくり商標登録まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回はYouTuber柚葉さん

による『ゆっくり』商標登録問題と

その対応について調べてみました。

  • 5月15日に柚葉さんがTwitterで
    『ゆっくり茶番劇』の商標登録化を
    表明
  • ツイートが拡散し炎上する
  • 特許出願を手伝った特許事務所や
    柚葉さんの所属事務所に田代砲が
    発射され、サーバーダウン
  • 東方原作者・ZUN氏が炎上に気づき
    対応に動く
  • ニコニコ動画も5月21日までに
    公式見解を発表する
  • ゆっくり実況者・たくっちも問題に
    参戦を表明
  • 柚葉さんの所属事務所が当人に警告
  • 商標登録はあくまで『文字商標』で
    あり、東方やキャラクターは無関係
    と主張
  • 過去に投稿した動画で『ゆっくり
    茶番劇』は東方の二次創作であると
    柚葉さん自身で説明していた
  • 特許事務所が謝罪と見解を発表。
    不正目的に該当する可能性があると
    し、今後は話し合いにより
    場合によっては無効審判がなされる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になるウワサ噺
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました