KICK BACKになぜモーニング娘?理由や曲のタイトルは?【米津玄師】

曲/歌手
スポンサーリンク

つんく♂の反応は?

楽曲を作ったつんく♂さんのブログによる

と、9月19日に米津玄師さん側から

フレーズの一部を使用したいという申し出

があったと書かれています。

 

多くの場合は楽曲のフルカバーやライブ

音源として使いたいという申請なんだそう

ですが、今回は米津玄師さんがアニメとの

タイアップの新曲の中で一部を使用したい

という異色の許諾申請だったため、最初は

戸惑ったそう。

 

米津玄師さんは作曲の途中だったため、

つんく♂さんは最終的な仕上がりは

分からなかったものの、

『同じクリエイターとして制作途中の

ひらめきに理由も何もない、閃いたから

そうするんだ』と米津玄師さんの想いを

汲み取り、「好きにやったらいい」と

OKを出したようです。

 

つんく♂さん側も作家として、楽曲を管理

する音楽出版会社として「大変だな」と

いう思いが頭をよぎったとブログで語って

いますが、とても寛大な対応ですね。

 

そして仕上がった曲を聴いて、こんな風に

コメントしています。

才能の塊というのは本当に恐ろしい。

彼の頭の中にあった一欠片のひらめきは
いつの間にか、強力なメッセージとなり、
美しい旋律と共に僕の耳の中に入ってきた。

「作品ってこういうことだよなぁ」

そう思いながら、次の議題へと会議は進んで行きました。

ただ、僕の頭は興奮していました。
出典:つんく♂のプロデューサー視点

つんく♂さんは2000曲以上を手掛けられ

ているとこのブログで書いていましたが、

そのつんく♂さんを唸らせるほどの作品を

作る米津玄師さん。

 

これはものすごく大きな評価ですね。

 

よくよく聴いてみると、”努力 未来

A BEAUTIFUL STAR”のフレーズだけでは

なく、『幸せになりたい』という部分も

入っていますね。

 

チェンソーマンはストーリー冒頭から

主人公の『絶望的なほどお金がない』と

いう閉塞的な環境から始まり、裏切りや死を

経験し、公安のデビルハンターとして活動

を始めるというダークな作品です。

 

そんな中でもイメージ的には200%

ポジティブなモーニング娘。を入れること

で、アニメがまた一段と際立って見える

ような気がしますね。

 

ジャンプの3原則『友情 努力 勝利』は

かなり有名ですが、チェンソーマンは

努力の先に一番星のような未来は見えるの

でしょうか?

 

これからの展開にも注目ですね!

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回はアニメ『チェンソー

マン』の主題歌、”KICK BACK”について

調べてみました。

 

  • オープニングテーマは米津玄師さんの
    ”KICK BACK”
  • 歌詞に『努力 未来 A BEAUTIFUL
    STAR』というモーニング娘。の
    サンプリングが使用されている
  • チェンソーマンの時代がモーニング娘。
    のデビューと同じ1997年である
  • 原作第85話サブタイトルの
    『超跳腸・胃胃肝血(ちょうちょう
    ちょう・いいかんじ)』もモーニング
    娘。の楽曲『恋愛レボリューション』
    の歌詞”超超超いい感じ”にかかる部分
    がある
  • 使われた曲のタイトルは”そうだ!
    We’re ALIVE”
  • つんく♂さんはフレーズの許諾申請が
    きた際戸惑った部分もあったが、
    「制作途中の閃きに野暮なことはナシ」
    と寛大にOKし、仕上がった曲を聴いて
    才能の塊に震えた
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
曲/歌手
ナインヤード

コメント

タイトルとURLをコピーしました