エリザベス女王国葬の讃美歌が綺麗!歌われた曲は?なぜ戦メリも?

知っておきたいこと
スポンサーリンク

RUSSIAN KONTAKION OF THE DERARTED

YouTube中継の表示では『CONTAKION』

とされていましたが、調べてみると

『KONTAKION』と表記される方が多い

のだそうです。

この曲はフィリップ殿下もご自身で選曲

され、ご葬儀でも歌われた曲ですね。

 

日本語で対訳された歌詞は見つから

なかったのですが、『コンタキオン』とは

”悲しみ”を表現する言葉なのだそう。

 

葬儀の際に自分の死や人生の終わりの必然

性を宣言するために歌われる曲。

 

悲しみに直面した際、キリスト教の”永遠の

命”を想起させるこの曲で神への賛美を

するのだそうです。

Give rest, O Christ,
to thy servant with thy saints:

where sorrow and pain are no more;
neither sighing but life everlasting.Thou only art immortal, the creator and maker of man:
and we are mortal formed from the dust of the earth,
and unto earth shall we return:
for so thou didst ordain,
when thou created me saying:
Dust thou art und unto dust shalt thou return.All we go down to the dust;
and weeping o’er the grave we make our song:
Alleluia, alleluia, alleluia.

安息を、おお 主よ
あなたの僕(しもべ)にお与えください
悲しみや苦しみはもうありません
嘆きもなく、永遠の命がありますように

あなただけが不滅であり、
創造主であり、造り主です
私たちは土の塵(チリ)から作られた、
そこへ還るべきものです

私たちは土に帰るのです
あなたがそう命じられたから
あなたが私を創られた時、こう言われました
”汝は塵であり、塵に帰すべし”

私たちは皆、塵に還ります
そして墓の前で泣きながら歌うでしょう
アレルヤ、アレルヤ、アレルヤ、アレルヤ

ALL MY HOPE ON GOD IS FOUNDED

この曲は『すべてののぞみ』や『我が身の

望みは』という訳で歌われています。

All my hope on God is founded
he doth still my trust renew.
Me through change and chance he guideth,
only good and only true.
God unknown,
he alone calls my heart to be his ownHuman pride and earthly glory,
sword and crown betray his trust:
what with care and toil he buildeth,
tower and temple, fall to dust.
But God’s power, hour by hour,
is my temple and my tower.

God’s great goodness ay endureth,
deep his wisdom, passing thought:
splendour, light, and life attend him,
beauty springeth out of nought.

Evermore, from his store
new-born worlds rise and adore.

Daily doth the almighty giver
bounteous gifts on us bestow;
his desire our soul delighteth,
pleasure leads us where we go.
Love doth stand at his hand;
joy doth wait on his command.

Still from man to God eternal
sacrifice of praise be done,
high above all praises praising
for the gift of Christ his Son.
Christ doth call one and all:
ye who follow shall not fall.

我が身の望みは ただ主にかかれり
主イエスのほかには よるべき方なし
我が君イエスこそ 救いの岩なれ
救いの岩なれ

風いと激しく 波立つ闇夜も
御許(みもと)に 碇を降ろして安らわん
我が君イエスこそ 救いの岩なれ
救いの岩なれ

この世の望みの 消えゆく時にも
心は動かじ 御誓い頼めば
我が君イエスこそ 救いの岩なれ
救いの岩なれ

見ぬ世に移りて まみゆるその時
主の儀をまといて 御前に立たまし
我が君イエスこそ 救いの岩なれ
救いの岩なれ

BRING US O LORD GOD

この曲はは”神の御許へ連れて行って

下さい”という歌詞の讃美歌です。

 

キリスト教の世界では『天国に行けるなら

たとえ手足や目を失ったとしても、

そうした方がいい。地獄はそれよりもっと

辛い』と考えられているのだそう。

 

だからこそ、こうして参列した人々が

『どうぞあなたの近くへ』と歌を通して

祈るのですね。

 

日本語の歌詞は見当たらなかったので、

英訳を書きました。

Bring us, o Lord God,
at our last awakening into the house
and gate of Heaven, to enter into
that gate and dwell in that house,
where there shall be no darkness
nor dazzling, but one equal light; no noise nor silence,
but one equal music;
no fears or hopes, but one equal possession;

no ends or beginnings,
but one equal eternity,
in the habitations of thy glory and dominion,
world without end

主なる神よ、わたしたちをお連れください
私たちの最後の目覚めに、
天の家、天の門に入らせ、その門に住まわせ
その門に入り、その家に住まわせてください

そこには闇はなく 眩しい光もなく
明るさがあるところへ

騒音も沈黙もなく、等しく音楽が流れています
恐怖も希望もなく、ただ一つの所有物があるだけです

終わりも始まりもなく、永遠に等しく
何時の栄光と支配の住処に
終わりのない世界がありますように

 

CHRIST IS MADE THE SURE FOUNDATION

『教会の基礎』という意味の曲です。

こちらも日本語の歌詞がなかったため、

英語の訳をご紹介します。

Christ is made the sure foundation,
Christ, our head and cornerstone,
chosen of the Lord and precious,
binding all the Church in one;
holy Zion’s help forever
and our confidence alone.

To this temple, where we call you,
come, O Lord of hosts, and stay;
come with all your lovingkindness,
hear your people as they pray;
and your fullest benediction
speak within these walls today.

Grant, we pray, to all your faithful
all the gifts they ask to gain;
what they gain from you forever
with the blessed to retain;
And hereafter in your glory
evermore with you to reign.

Praise and honor to the Father,
praise and honor to the Son,
praise and honor to the Spirit,
ever three and ever one:
one in might and one in glory
while unending ages run!

主は確かな土台を造られた
主は私たちの頭であり、礎である
主から選ばれた尊い教会は一つになる

聖なるシオンの助けは永遠に
そして私たちには確信を

この神殿に我々はあなたを呼ぶ
万軍の主よ、ここへ来てください
そして止まってください

あなたの全ての自愛をこちらへ
あなたの民が祈るのを聞いてください
そしてあなたの完全な祝福を
今日この日に城壁の中で語ってください

私たちは祈ります
あなたに忠実な全ての人に
彼らが得ようとする全ての贈り物を
お与えください
彼らがあなたから永遠に得るものを
祝福されたものたちが保持できるように

そして今後、あなたの栄光の中で
あなたと共に永遠に支配するために

父なる神への賛美と誉れ
御子に讃美と栄誉を
精霊に讃美と栄誉を
精霊に讃美と栄誉を

三位一体でありながら力においてひとつ
栄光においてひとつ
絶え間なく続く時間の中で!

GOD SAVE THE QUEEN

最後に歌われたのが『GOD SAVE THE

QUEEN』。

ウェストミンスター寺院を出発される際

も歌われましたが、葬儀を締めくくる最後

の曲として歌われた国歌は、今までのどの

曲よりも参加された方の親しみが感じられ

ましたし、力強かったですね。

 

ウィンザー城に到着されてから王冠と王笏

が棺から取り除かれ、これを持って

エリザベス女王は『公人』から『私人』と

なられました。

 

昨年、フィリップ殿下が亡くなられました

が、「どちらかが先に亡くなっても、

もう1人が亡くなるまで埋葬されずに

待っている」と約束されていたそう。

 

多くのアクセサリーや宝石は置いて

いかれたようですが、大好きだった真珠の

耳飾りのみをつけ、フィリップ殿下に

会われるとのこと。

 

本当に最後の最後まで、素敵な方です。

なぜ『戦場のメリークリスマス』?

国葬で歌われたさまざまな讃美歌を紹介

してきましたが、SNSでは「戦メリで

聞いた曲だ!」という声もありました。

 

どの曲かというと2曲目に歌われた讃美歌

”THE LOAD’S MY SHEPHERD”を指して

いるようです。

 

日本訳では『主はわが飼い主』ですね。

戦場のメリークリスマスでは、

デヴィッド・ボウイさんが演じた兵士が

死にゆくときに捕虜たちが歌ったものと

して描かれています。

 

戦メリを観たのがかなり前なので、

「ああ、何だっけ…」と思い調べてみた

ところ、デヴィッド・ボウイさんが演じた

兵士、ジャック・セリアズがイギリスの出身

だったということがわかりました。

 

イギリスでは葬儀の際、”THE LOAD’S

MY SHEPHERD”を歌うことが定着して

いるんですね。

 

こんなところでも繋がりを発見して、

ますます泣きそうです。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとう

ございました。今回はエリザベス女王の

国葬に際し、歌われた讃美歌をまとめ

ました。

 

  • 歌った曲は全部で11曲
  • 国歌はウェストミンスター寺院と
    ウィンザー城で2回歌われた
  • ”WHO SHALL SEPARATE US”は
    今回の国葬のために作られた楽曲
  • 2曲目に歌われた”THE LOAD’S MY
    SHEPHERD”が『戦メリ』で歌われた
    曲だとSNSで話題に
  • 戦場のメリークリスマスでは
    イギリス出身のジャック・セリアズの
    ために歌われているので、イギリスの
    葬儀では定着した讃美歌ではないか

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
知っておきたいこと
ナインヤード

コメント

  1. Seria図 より:

    主はわが救い主は曲がちがいます。

    • Ayato より:

      Seria図様
      ご指摘ありがとうございます!
      色々聴き比べてコードをコピーしているうちに、
      違うものをこちらに貼り付けてしまったようです。
      女王の国葬で歌われた動画がありましたので、こちらに変更いたしました。

タイトルとURLをコピーしました